続・違う国籍の人と仲良くなるコツ


Hi Fujiです

このまえ違う国籍の人と仲良くなるコツ
http://www.enginnier.com/ireland-how-to-make-friends/
を書きました。

一言で言ってしまえば、
相手の言語を教えてもらおう!
というものです。

ここで書いていたとおり、
ルームシェアをしているブラジル人に
「Ola!」こんにちは!
を使いまくっていると変化が起きました。

IMG_4876

作ってくれました。
半端なくおいしいです。
シェフの仕事を探してるだけあっておいしすぎました、

仕事をしているとキッチンから
「トントントン、ジュージュー、トントントン」
たまにスプーンで味見をしている姿が見えます。

シェフばりに力入ってるなー、と関心していました。
さすがきれい好き、なんでも徹底するRodrigoです。

そしてめっちゃいいにおいがしてくるんです。。。
この中で仕事なかなか集中できないー!
でもいいにおいだからここにいたいー!
というまったく集中せずにひたすらキッチンからのいいにおいをかいでいました。

すると、
「ほら、Fujiのだよ♪まだまだあるからいっぱい食べてね」

うぉぉー!彼女かよ!てかそれおれのだったの!?なんなの!?彼女なの!?
頼んでもいないのに熱心に料理を作ってくれていました!

においをかぎすぎてお腹すきすぎていたので、
さっそく食べました。
そしてめちゃうま!!

おかわりしました。
ぜんぶ食べました。
僕が食べてる間Rodrigoはすべての食器を洗っていました。

おおおおお、それ作ってくれたお礼にやろうと思ってたのにーーーー
どうしよう。これじゃあ仕事して、ただ飯食ってるやつだ。なにかしなくては。
何かしてもらうと人間やはり何かお返ししなくては、という心理が働きます。


「Rodrigo,残りのお皿はぜんぶ僕がやるから置いといていいよ」

Rodrigo
「いんだよFuji、もう始めちゃってるからぜんぜんいいよ♪じゃあ、次回は作り方を教えてあげるから一緒に作ろうよ♪そのときのお皿洗いはFujiたのむね」

イケメンかよ。ほれるだろ。
ということで次回一緒につくります!

相手の言語を教えてもらう、ということは
相手のことを知りたいと思っている、という意思表示になります。

自分に関心がない人とは友達になろうと思いません。
英語力があればその英語を使ってコミュニケーションを取ればまったく問題ありません。
ただ、まだ英語に自信がない、なんて話したらいいかわからない、
という人はぜひ活用してみてください。

see you soon