アイルランドビジネス進出〜アポスティーユ〜


アイルランドで法人や支社を設立するためには英訳された財務諸表や定款等を提出する必要があります。

その定款は普通にアイルランドへ持っていってもダメです。
公証役場で公証してもらったものを、外務省でアポスティーユによる証明をしてもらう必要があります。

アポスティーユですが、
「外国公文書の認証を不要とする条約」(ハーグ条約)に基づく付箋のことをそう呼びます。

もちろんアイルランドもハーグ条約提携国です。
他にも気になる国がある場合はコチラから確認してみてください。

東京都内及び神奈川県内の公証役場では、提出先の加盟国がハーグ条約ハーグ条約に加盟している場合、
アポスティーユつきの認証文書を作成してくれるため、公証人の認証を受ければ外務省に出向く必要がありません^^

申請手数料、方法

申請方法は以下の3種類になります。

(1)窓口で申請して、後日、窓口で受け取る(申請日の翌日(土日祝を除く)午前9時から受け取れます)。
(2)窓口で申請して、後日、郵便で受け取る(申請日の約2~3日後(土日祝を除く)に受け取れます)。
(3)郵便で申請して、後日、郵便で受け取る(申請(発送)から受領までは約10日~2週間です)。

申請手数料も無料となっています。

各書類の英訳やその他のアイルランドビジネス進出に必要なサポートもしておりますので、
気軽にお問い合わせください。