〜Aran sweater〜アイルランドの伝統セーター


どうもどうも!今回は、

〜ティーミオのためになるアイルランド豆知識〜の回ですよ!よ!

突然ですが皆様、アランセーターというものをご存知でしょうか?

 

フィッシャーマンズセーター(漁師の仕事着のセーター)の代表的な存在として有名ですが、

なんとこのセーター、アイルランドの西の果て、アラン諸島発祥なんだって!

ケルトの組み紐模様を元にした模様には一つ一つに名前と、込められた強い想いがあるのでした。

ということで代表的なものをまとめて見たよ。

各家庭ごとに組み合わせが決まっているんですって。

日本の家紋と似てる〜!と思った。

スコットランドのタータンチェックとかもおんなじような感じかしら?

 

さて、なぜセーターに家紋を編み込むかというと、

アラン諸島は岩だらけの島。まともに植物も育てられなかったらしい。

そこで島民は海へ出るわけですが、冬のアイルランドの海は常に荒れていて、遭難者があとを絶たなかったそう。

そんな不慮の事故で亡くなった人の身元を判明させるために、

このセーターの模様が役に立ったというわけ…。

なんちゅう悲しい話や…

 

と、

感傷に浸ったところで、

 

どうやらこの話、ウソらしいよ!?

 

この伝説?は20世紀初めに人為的に作られたもので、

本当の起源は、アラン諸島からアメリカへ出稼ぎに出た女性が、そこで編み方の技術を学び、故郷へ持ち帰って開発したとか、なんとか…

やだなんか…冷め??

 

でもね、ここで紹介した以外にも〜〜〜っといっぱい特徴的で可愛い模様があって、

そのどれも家族の繁栄や幸せを願うものばかり。

セーター自体もどっしりフォルムと網目のざっくり感が、めちゃくちゃ可愛いの!

だから伝説がウソだとしても、セーターの価値は変わらないし、、、そう、だから…

えっと…

 

アラン諸島へはゴールウェイから10kmほど、高速フェリーで20分くらいでいけるよ!

夏は観光客で賑わうんだって!

ダブリンにお越しの際は、少し足を伸ばして観光に行って見ては??

という締めで…

 

またね!バイバイティ〜!

 

参考文献 ALICE STARMORE ARAN KNITTING

参考URL BLARNEY : https://www.blarney.com/the-story-of-aran-sweater/

アラン・セーターに込められた秘密  : http://www.sunsetadventure.com/west/post-104.html

世界のセーター : http://www.tkji.com/sweater/cargo/ie_00.html

手芸を楽しむウェブサイト  : http://www.tezukuritown.com/dentouknit/aran/