第2のスタート!社会人留学とその障壁


大きな決断「社会人留学」

簡単には決断することができない社会人留学ですが、実際に新しい出発を考えている方はどのように決断するのでしょうか。「本当は行きたいけどタイミングが、、、」と悩み続けている方はご一読を!

スクリーンショット 2016-05-18 21.31.59

社会人留学のきっかけ

留学カウンセラーという仕事柄、多くの方とお話をする機会がありました。大学生の方はもちろん、社会人の方や専業主婦の方まで幅広くです。留学に行くという決断は現在所属しているコミュニティを一時的にもしくは永続的に離れなければなりません。社会人の方は長期留学の場合、会社を辞めるという決断もしなくてはなりません。いったいどのように留学を決意するのでしょうか。

最も多いケースは「留学カウンセラーと話し、自分の考えがまとまった末の留学」です。自分1人で考え悩むばかりでは、なかなか考えが前進しないということはよくありますよね。カウンセラーと話すことにより、具体的な金額であったり、準備すべきことが明確になっていきます。描いていた抽象的なイメージが具体的な目標や指針になると決断しやすいものです。

また他の要因、円高、知り合いの留学、今の会社での自身の将来像なども踏み出す要因になるかと思います。

英語を学びたい、身につけたいと漠然とした目標がありながらも、どのように計画しキャリアに繋げれば良いか分からない方がほとんどです。不安なんです。それはそうです。人生の中でもかなりの大きな決断になります。不安にならない人なんていません。専門のカウンセラーと話すことによって、ずっと考えていた悩みは意外とすぐに解決されたりします。その上で、行くのか行かないかを決めるのはあなたです。私たちはあなたの人生そして、留学を失敗させないためにいます。

留学後のキャリア形成について・・・