社会人留学の国選び


Hi Fujiです

社会人留学という一大決心しようとしているあなた!国選びしていますか!?

国選びはとても重要であることはわざわざ言う必要もないと思いますが、重要です!

それではどのような国を選べばいいのでしょうか。

image

好きなところを選んでOKです!!

はい。もうこれに尽きますね。社会人留学はほとんど長期になります。自分の好きな国じゃないと続かないです。滞在していても帰りたくなってしまいます。

主要留学国6カ国であればどこを選んでも学ぶことができる英語に大差はありません。主要6カ国というのはアメリカ、イギリス、アイルランド、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアです。オーストラリアのなまり、ニュージーランドのなまり、アイルランドのなまり、イギリス英語、アメリカ英語、いろいろと気にしてしまうかもしれませんが全く気にしなくて大丈夫です。それらを気にするのはもっともっともっともっと先の話です。どこで学んでもそもそも日本人なまりが一番強く出てしまいます。学ぶ国の英語よりも、自分の母国語のなまりが出ないように意識するべきです。

スピーキングがテストに含まれるTOEFLでは日本の順位はアジア30カ国中いつもワースト3位に入ってしまっています。日本人は完璧主義の性格が強いので、学ぶ国もより完璧な英語に近いほうがいい、と考える気持ちもわかりますが、そもそも日本語なまりなので、なまりを気にする前にしっかりと会話をできるようになることが先決です。

それぞれの国は気候や食事などいろいろな特徴がありますが、アイルランドが他の国と最も異なっている点が1つあります。それは日本人比率の低さです。アイルランド以外の国では学校の中でも20%ほど日本人がいるのが普通です。アイルランドは多い学校でも5%ほど、1人もいない学校も珍しくありません。

日本語を忘れて、英語にどっぷりと浸かりたいならアイルランドは最適な国の1つかもしれません、

see you soon