社会人留学の休職、退職のタイミング


Hi Fujiです

社会人留学の場合、いま働いている会社を休職、もしくは退職しなければなりません。ほとんどの場合は退職です。留学だけでも考えることがいっぱいなのに会社のことまで考えるのはなかなか大変です。一番考えなければならないのはその時期でしょう。いつ退職するのか、ということです。

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

社会人留学の退職時期

これはもちろん個人差ありますが、留学は短期にしても長期にしても6ヶ月くらいはどのような留学をするのか、何日いくのか、どれくらい行くのか、どの学校へ、などの留学を計画を練っていきます。6ヶ月というのはあくまでも理想でして、留学計画を一緒に練ってから1週間ほどで出発してしまう人もいます。
この留学計画を一緒に練るのは会社に在職しながらでも可能です。弊社は深夜でも早朝でも、直接オフィスでお会いしてもSkypeでもカウンセリングをしています。そのため無理なく計画を進めていけるはずです。
社会人留学の場合は長期になることが多く、現地でどのような経験を積むかもとても考えていかなければなりません。そのため遅くとも出発2ヶ月前までには会社を退職していてほしいです。

退職したいと会社に申し出ても普通は面談のようなものをセッティングされます。その面談で1ヶ月ほど、そして退職の許可が下りてからまた1ヶ月ほどは働く必要がある場合が多いので、上司に申し出てから約2ヶ月はかかるのが一般的です。

まとめると、まずは一緒に留学計画を在職しながら練っていきます。そこでは出発時期などは決まっていなくても大丈夫です。カウンセリングの中で出発時期が固まっていきます。余裕を持ってその出発時期の3ヶ月前には会社へ退職の意志を伝えるイメージです。

弊社カウンセラーは海外経験だけでなく、転職経験も豊富なため留学だけでなく、その前後も合わせてサポートできるはずです。

人生は1度だけです。進んでいきましょう。

社会人留学のメリット・デメリット

see you soon