【奮闘記】アイルランドの玄関ホール「ダブリン空港」


Dublin-Airport-2

アイルランドへ留学する方も、旅行に来る方もほとんどの方が利用するであろうダブリン空港。

2010年に新たに第二ターミナルが完成し、更なる拡張を予定している空港でもあります。

残念ながら日本からのアイルランドへの直行便はなく、ヨーロッパの主要都市を経由し辿り着きます。

ダブリン空港は、1936年にアイルランドの国営航空エアリンガスが発足したのを受け、

1939年にエア・リンガスなどが使う民間空港として、

以前使用されていた空軍用滑走路の跡地に開港しました。

現在も使用されている第一ターミナルは1972年に建設されたものになります。

Terminal 1

その後の航空需要の増大や90年代以降のアイルランドの経済成長に伴い、

幾度も第一ターミナルの拡張工事を繰り返して対応してきましたが、

格安航空会社などの為に増え続ける需要に抜本的に対応するため、

第二ターミナルが作られることになったのです。

その後、エア・リンガス及び米系航空会社はこちらへと移転することになりました。

ダブリン空港内ではもちろんアイルランド語での表記を見ることもできますので

英語だけと思っている方は面食らってしまうかもしれません。

でもご安心を。しっかり英語の表記もありますので。

困ったことがあれば現地での留学サポートをしているEnginnierまでご連絡くださいね笑

Féach leat go luath!