【奮闘記】妖精図鑑〜フォモール族(Fomoire)〜


ダウンロード (10)

この種族「フォモール族」を妖精と呼ぶのはあまり正しくないかもしれませんが

アイルランドに伝わる巨人族として語り継がれていますのでここでご紹介させて頂きます。

山羊や馬、牛などの頭を持った獣面の蛮族として描かれる事が多く

インデッハや邪眼のバロールといった王に率いられていたと言われます。

太古からアイルランドに棲みついており、西方から訪れた種族の侵入を再三にわたって阻んだ巨人。

巨石を苦もなく扱う人喰いの怪物とされており、一つ腕だったり、足がなかったりなどと言った

非常に様々な形態をしていますが、そのほとんどが醜悪な容姿をしていると言われています。

最初に侵入してきたパーソロン族は彼らと何度か戦闘を重ねましたが、

最後はフォモール族によってペストに感染させられ全滅したのです。

次に侵略してきたネヴェズ族もフォモール族に敗れ、彼らに隷属を強いられ

年貢として牛と子供を納めなければならなくなりました。

フォモール族の支配に最初に成功したのはフィル・ボルグ族ですが、

彼らはフォモール族とは平和的に共存していました。

最後の侵入者であるトゥアハ・デ・ダナーン神族は

フィル・ボルグ族よりも巧妙にフォモール族を懐柔し、

フォモール族の隙を付いて彼らをアイルランドから駆逐し彼らの栄華を終わらせました。

その後生き延びた者は妖精となりひっそりと暮らしているのです。

世界各地にある巨人伝説はアイルランドにもあったようです。

Féach leat go luath!