【奮闘記】アイルランドのジャガイモ飢饉


Irish_potato_famine_Bridget_O'Donnel

ジャガイモ飢饉は、19世紀のアイルランドで主食のジャガイモが疫病により枯死したことで起こった食糧難、

およびそれによってもたらされた一連の被害のことを指します。

アイルランドの主食はジャガイモだったので大きな被害が出てしまいました。

しかもこの飢饉は疫病に罹ったジャガイモにより引き起こされたことは事実なのですが、

被害を拡大したのは当時のイギリス政府が取った対応のせいだと言われています。

 

詳細は後述しますが1997年、イギリスのトニー・ブレア首相は、

アイルランドで開催されていた追悼集会において、1万5千人の群衆を前に

飢饉当時のイギリス政府の責任を認め、謝罪の手紙を読み上げました。

これはイギリス政府の要人からの初めての謝罪ということもあり歴史的に見ても大きな出来事でした。

 

国民の大半は農業に依存し、農民は兄弟全員が土地を分割相続できたため、農地の細分化が進みました。

また、小作農家たちは以前は主に麦を栽培していたのですが、

地主に地代を納めなくてもよい自分らの小さな庭地で、

生産性の非常に高いジャガイモの栽培を始め、これが貧農の唯一の食料となったのです。

 

飢饉直前には人口の3割がジャガイモに食料を依存する状態になっていきました。

ところが1845年から1849年の4年間にわたってヨーロッパ全域でジャガイモの疫病が大発生し、

壊滅的な被害を受けることになります。その主要な要因がその後の政策にあると言われています。

 

アイルランドの貴族や地主はほとんどがブリテン島に在住しており、

自らの地代収入を心配するあまりアイルランドの食料輸出禁止に反対するなどして、

餓死者が出ているにもかかわらず食料がアイルランドから輸出されるという状態が続いたのです。

連合王国政府も、緊急に救済食料を他から調達して飢え苦しんでいる人々に直接食料を配給することを、

予算の関係などから躊躇しただけでなく、調達した食料を(安値で)売るなどの間接的救済策に重点を置きました。

さらに、政府からの直接の救済措置の対象を土地を持たない者に制限したため、

小作農が救済措置を受けるためにわずかな農地と家を二束三文で売り払う結果となり、

これが食糧生産基盤に決定的な打撃を与え、飢餓を長引かせることになったのです。

 

最終的には、人口の少なくとも20%が餓死および病死、10%から20%が国外へ脱出することになりました。

これにより婚姻や出産が激減し、最終的にはアイルランド島の総人口が最盛期の半分にまで落ち込み、

さらにアイルランド語話者の激減を始め、民族文化も壊滅的な打撃を受けてしまいました。

 

アイルランドにおいては歴史を飢餓前と飢餓後に分けるほど決定的な影響を与えたため、

“Great Famine”(大飢饉)と呼ばれているのです。

飢饉のその後の対応で被害が大きくなってしまうなんて、筆舌に尽くしがたい程悲しいことです。

ダブリンでは今なおこの悲惨な出来事を忘れぬように上の写真のような銅像が残されているのです。

220px-Famine_memorial_dublinFéach leat go luath