集団面接について


Hi Fujiです

前回の『就職活動について』がなんだか反響があったので、
すこしその続きを書きます。

面接は面接官が1人or複数、学生が1人or複数の全部で4通りあります。
今回お伝えするのは学生が複数パターンです。

このとき、
どうすれば次のステージに進みやすいと思いますか?

当然ながら面接官の印象に残ることです。
学生が複数パターンというのは大体書類選考の次くらいの
かなり序盤の面接で、ざっと人数を減らすためのステージです。

なので、
とりあえず面接官の印象に残れば内容ともかくほぼほぼ合格で次に進みます。
内容がいまいちでも
「印象的だったから次の人に一応見てもらおう」
という感じになります。

じゃあどうすれば印象に残ると思いますか?

それは質と量の問題があります。
圧倒的な質で印象を残す。
面接時間の多くを自分の内容で埋めて印象に残す。
この2種類です。

質で勝負できる人はまったく問題ないです。
そのまま突き進めばOKです。
僕はそんな質で勝負できるような経験もなかったので、
必然的に量で勝負する必要がありました。
大体30分とかで時間は決まっています。

ここでよくあるミスは、
自分がずーーっとしゃべって面接時間を埋めることです。

これはたぶんほぼほぼ落ちます。
他の学生の時間も勝手に奪っていますし、
完全に悪い印象が残ります。

じゃあどうすればいいのか。
要するに
「お前ばっか時間使ってんじゃねえよ」
と文句を言われないように面接時間を自分で埋める必要があります。

集団面接でしゃべっていても唯一文句を言われない存在。
それは学生ではなく面接官です。
つまり、面接官に自分の話題について話させる必要があります。

僕は、
Aという質問を面接官に投げて、
それに返ってくる答えがだいたいB,C,Dの3種類あり、
それぞれにE,F,Gで返すと、気になってHという質問が来るはず、
そのあとはIで返せば笑いが生まれる、そのあとにJの質問をする、、、

という形で、
自己紹介から終わりまで、
すべて返ってくる質問を想定してどのようにトークを組んでいけば
面接官と話しながら面接時間を自分で占めることができるかを構成していました。

実際、30分間、学生3、面接官1の楽天の集団面接では、
20分くらいは自分と面接官で話していました。

3分の2を占めれば、
しかもそれが一人でべらべらしゃべっているのではなく、
面接官の会話として発生しているのであれば、
それは印象に残りまくりです。

圧倒的な武器がなくとも戦っていく方法です。
武器を持っていないなら、その素手で戦っていくしかないです。
ただのパンチじゃ倒せないので、いかにコンボを狙うかを考えていきましょう。

see you soon