SEDAでお絵かき教室〜ここでも金を稼いでやったぜ〜


ヤッホ〜!てぃーみおだよ。

今回のブログは、いかにして語学学校でお金を稼いだかという話です。

 

最初に私の通っている語学学校SEDAの説明を少し…

(画像はFacebookより)

SEDAには通常授業の他に、様々なアクテビティクラスがあります。

毎月内容が変わり、ヨガだったり、文法に特化した英語クラスだったり、

英語以外の言語だったり…

SEDAの生徒なら無料で参加できるので、とっても楽しいし、友達を作るいい機会でもあります。

 

 

さて、それはまだ仕事が見つからず泥沼状態の精神だったとき…

私は「How are you?」に

「I’m not fine…Be cause I don’t have job…」と答える毎日でした。

毎日暗かった。

 

そんなことを2ヶ月ぐらい続けて、もはやネタと化して来た頃、いい加減見かねた先生が

「君は絵がかけるんだから、SEDAでアクテビティクラスを持ったらどう?」

と提案してくれたのでした。

 

このころの私は、(今もですが)

できる、できないではなく、とにかくお金!!だったので、(やな感じ)

お金がもらえるならやるよ!!!!と即決、すぐさま担当の先生の元に行って、

拙い英語でなんとかプレゼンテーションし、

授業の約束を取り付けたのでした!イエーイ(*^▽^*)

 

いや本当私の英語って

「I can draw, I’m designer,

  I want to teach for students how to draw in SEDA」とか…だから…

こんなんでよく授業しようと思うよね。。。

 

そう、この時は目先のお金に目がくらみ、

全然詳しく考えてなかったんだよ。(最低)

 

しかし…冷静になると日本でも絵なんて教えてことないし、

まして英語!?

絵ってどう描くの?って聞かれても、

「どうって…感覚だけど…」

みたいな感じよ、え、これ…

無理じゃない?

 

と気づいてからは色々な人に手伝ってもらい、

(家でハウスメイトにプレ授業したり、翻訳確認してもらったり…)

なんとか初授業を行って来ました。

ポスターも作ってもらったよ。

名前が入ってる意味はあったのか…

 

授業はこんな感じ。15人くらいきてくれた。

サクラしてくれた友達、ありがとう…

 

1回目はなんの説明もなしに思うまま描いてもらって、

私なりの似顔絵の描き方を説明して、その後それを踏まえて再度挑戦してもらう形でした。

マンガっぽく描くのが1番うけてたかな…

 

どうだろう、一応みなさん楽しんでくれたと思うんだけど、

もしかして私が一番楽しかったのかもしれない。

 

いや〜しかし、絵はいいね。

だって、英語と違って

絵に正解はないから〜〜〜!!!!!ヒュ〜〜〜!!

本当ここがいいところだよね。だから私は絵を描くのが大好きだよ。

自分がいいと思ったらいいんだよ…楽しいのが1番だよ

 

海外でお金も稼げて、先生まで体験できちゃう、

とってもお得ないい経験でした。

 

これからSEDAに通おうと思ってるみなさん、こういう方法もアリみたいだよ!

 

他にも日本語クラスとか、折り紙クラスとかあるし、

アクテビティ担当のJ先生はどうやらいつも何か楽しいクラスがないか探しているらしく、

フレンドリーなので(超Lazyですが)

(マジで本当に怠惰)

(心の声/Jは何度も「授業の写真送るね!」

と言ってくれつつもメールこず、たまに廊下で会うと気まずげに目をそらされ、

直接聞きに行くと

「あっごめ〜ん!絶対月曜には送るから!」

それから何回の月曜日が過ぎたでしょう…

もう諦めてFacebookから適当な写真探して来て載せたわ。

しかしこの人のダメダメ感、何か既視感が…

私、知ってる…

 

この人、私に似てるんだ…

 

だから怒れない…

人のLazy見て我がLazy直せ…/心の声)

 

どんどん提案してみてもいいかもね!!

 

今回はちょっとためになりそうな記事じゃない?フフン

 

次は26日(土)に更新するよ!

「社会人留学、半年経って思うこと」

〜社会人留学つっても、社会人やめて留学してるんだから、退社留学だよね〜

 

お楽しみに☆

美大を出て社会人辞めてダブリンに来ました。
英語レベルは小学生。好きなタイプは秦基博。