~アイルランド留学出発~8ヶ月前 ワーキングホリデービザについて


みなさん、こんにちは!

5月に入りだんだん暖かくなってきましたね‼
4月下旬にお友達とお花見をしてきました!
満開のピークは過ぎていましたが暖かくて素敵な1日を過ごせました‼
お花見のあとは大好きな牧場へ!
 
 
ゴールデンウイークはどう過ごしましたか?
私はどこへ行くわけでもなく、家族とまったり過ごしました。
たまにはこういう休日の過ごし方もいいですね(^^)
 
 
さて、今回はアイルランドワーキングホリデービザについて書こうと思います。
実際、知らないことばかりで不安です。
私はアイルランド大使館と日本ワーキング・ホリデー協会のウェブサイトで情報収集しています!
どちらも分かりやすく申請~取得までの流れが掲載されています!
 
【申請に関して】
とにかくまずは申請しないと始まりません!!
アイルランドのワーキングホリデービザは申請受付が毎年2回あります。
渡航予定の時期によって申請するタイミングが変わります。
私の場合は、2017年8月31日~2018年2月28日以前の渡航予定に当てはまります。
この時期、渡航予定の申請受付は6月下旬に発表されます。
発表される内容の確認はアイルランド大使館、または日本ワーキング・ホリデー協会のウェブサイトで出来ます。
見逃さないようにチェックしていこうと思います‼
 
申請はすべてEメールでとなります。
申請に必要な申請書はアイルランド大使館のウェブサイトからダウンロードできます!
ここまで分かりやすく説明があり、なんとか進められそうです。
 
結果は7月中旬にEメールで届きます。
申請受領のEメールが届いたら今度は必要書類を集めて郵送する作業が入ります。
準備する書類がたくさんあるので計画的に準備を進めていきたいです。
 
ちなみに、アイルランドワーキングホリデーの申請料は6900円です。
以前は申請料無料で出来たそうですが、2017年より料金が発生するようになりました。
 
調べていて、郵送書類の中に英文の履歴書が必要なんだと驚きました!
前回カナダ留学をした際ワーキングホリデービザを取得していきましたが、初めての留学だったのでエージェントにすべてお願いしていました。
なので、今回自分で申請となると不安がいっぱいですが、きちんと準備して申請に向けて情報収集もしていきます‼
 
ワーキングホリデービザについて調べていて、他国の条件や申請方法も少し見てみると結構違いがあってビックリしました!
ただ、どの国も年齢制限はほとんど30歳までと決まっていました。
夢がある人、海外に興味がある人は迷わずトライしてみることを本当におすすめします!!!
1度きりの人生だし、大きな変化になるかもしれないけどやらない後悔なんかしてる暇は人生にありません!
 
まだ申請は始まっていませんが、また少しアイルランド留学が近づいた気がしてわくわくしています♪
 
 
 
Shoko