IELTSの勉強を始める


Hi Fujiです

最近はずっとTOEFLの勉強ばっかりしていました!
この公式問題集を使っています。

思いっきりOfficialと書いてあるのでわかると思いますが、
これは公式問題集です。
なんと5回分もの試験が詰まっております。
めちゃくちゃ分厚いです。

IMG_5259

こんな感じです。
下のはMac airです。
数字にすると暑さ1.8cmということでした。
持ち運ぶこともよくありますが、まあまあ重いです。

これをがりがり解くわけです。
基本的に僕は1冊しか使いません。
もうね、ぜんぜん十分です。5回分ですよ。この厚さですよ。
これを10回も繰り返せばだいぶいい感じに仕上がります。
まだまだ勉強不足なのでもっと繰り返しやらねばならんです。

同じようにTOEICを勉強していた時も公式問題集を何回も何回も解いていました。

TOEICは5月からの公開テストで問題形式が変わりますが、
これはその変更に対応している公式問題集です。
なので古いのだけしか解いたことがないという人は準備しといた方がいいかもしれません。
ちなみにTOEIC試験の変更内容はこちらで確認できます。

そして今日、いまさっき買いました。
IELTSの問題集。

TOEICもTOEFLも公式問題集で勉強してきたんですが、
IELTSのこれは公式じゃないんです。
なんで公式じゃないのを選んだかというと、
IELTSの公式問題集は1回分の試験しか入っていないんです。
ただこれは3回分入っています。
なんと厚さは4cm!!さっきのTOEFL公式問題集の倍以上!?

IMG_5259

これの倍以上!?
届くのが楽しみです。がりがり勉強するのが楽しみです。
ちなみに僕は勉強と仕事が趣味みたいな人間なので、
厚ければ厚いほうが燃えます。
難易度的には公式を解いたほうがいいと言われていますが、
僕は何度も多くの問題を解いて慣れていくタイプなので、
3回分が入っているこっちをチョイスしました。
しかも3回分も入っていてAmazon定価2916円。
1回分のIELTS公式問題集が3764円ということを考えると爆安です。

なんで勉強してるのか、ということなんですが、
結構多いんです。TOEFL, IELTSを勉強したいという問い合わせは。
でも日本ではあまりメジャーじゃないんですよね。
日本ではTOEICが一番ポピュラーですよね。
でも世界的にはTOEFLやIELTSのほうが重視されています。
海外の大学に入るためにもほとんどの場合はこのどちらかの点数が条件として入っていることが多いです。

スタッフの中にはもちろんこの両方に精通している者もいるのですが、
やはり自分でもわかっとかないといけないな、と思い勉強しております!
TOEFL、IELTSを早く制覇して勉強法や試験対策をまとめていきます。

see you soon