アイルランドワーキングホリデー2017年1月申請定員


Hi Fujiです

今年はアイルランドと日本の外交関係60周年という記念すべき年なのです。そのこんな情報がアイルランド大使館から発表されました。

15977524_1330834883603889_2578996359582571711_n

貿易や輸出などいろいろな情報があり興味深いですが、注目してほしいのはアイルランドワーキングホリデーの情報です。

2016年のアイルランドワーキングホリデー参加者は過去最高の400人。アイルランドのワーキングホリデーは定員制であり、その数は400です。

前から伝えてはいましたが、アイルランドのワーキングホリデーがなんと埋まってしまいました。

そしてその申請勢いは加速していっています。

その理由はイギリスのビザ厳格化、アメリカ大統領、フィリピン大統領が原因となる国への不安、などなど様々な理由により他国へ留学をしようと計画していた人がアイルランドに切り替えることが増えているからです。

それでは切り替える先がなぜアイルランドなのか。

よくある理由は下記です。

・語学学校費が他国より安い
・留学中にヨーロッパ各国を旅行できる
・ビザが取りやすい
・治安が良い
・日本人、アジア人がほとんどおらず英語を勉強しやすい

などなど。

そして弊社にもカウンセリングの連絡は多くきているのですが、同時に「ワーキングホリデーの書類の書き方を間違えてしまった」などの連絡も増えています。アイルランドは年2回の申請チャンスしかないので記入を間違えて申請が通らないというのは非常にもったいないというか、避けなければなりません。そうでない次のチャンスは6ヶ月後になってしまいます。

2017年1月のアイルランドワーキングホリデー申請時期は1月20日〜2月8日です。申請期間がとても短くなりました。前年までは1ヶ月ほどありました。これも申請数増加が原因となっていると思われます。

語学学校に通われる方には無料でワーキングホリデー申請のサポートも提供しています。弊社は日本で最大数のアイルランド語学学校と提携しています。アイルランド留学で困ったことがあれば気軽にご連絡くださいね。

see you soon