アイルランド留学〜2015年主要国物価ランキング〜


Hello, Nobuです。

Mercerというコンサルティングファームが出す、
最新2015年の世界物価ランキングが発表されました。

東京が11位にランクインしているので、
これと他の留学国を比較してみましょう!
留学費用はもちろんですが物価が高いと現地での生活費や交通費など
出費が多くかかるため、気になるポイントです。

東京との物価の比較

たとえばオーストラリアの順位は31位
アメリカのニューヨークは16位
イギリスのロンドンは12位

というような結果でして、
日本と比較するとどこも物価的には過ごしやすくなるイメージですが、
まだ少し高い気もします。

アイルランドのダブリンは49位
ニュージーランドのオークランドになると61位

ここまでくると東京と比較してもかなり過ごしやすくなりますね!

最近では、イギリスのビザが厳しくなっていることと物価の高さを受けて、
すぐ隣の国アイルランドへ留学する人が各国から増えてきています。
日本からは相変わらず人気国に行く人の方がまだまだ多いです。

そういった理由で、
もしもあなたが費用を抑えつつ、外国人の中で英語漬けになりたいと、
その覚悟があるのなら、アイルランドは最適な国の一つと言えます。

実際、アイルランドとイギリスは1時間ほどで移動できてしまう距離です。
メインは物価が安いアイルランドで過ごし、
休日や観光でイギリスに行くというのが賢い人の間でよく使われています。

メインをアイルランドにすると通貨もユーロのまま他のヨーロッパ諸国を旅行できるので便利です。
イギリスだとポンドになってしまうので、2重で両替する必要が出てきてしまいます。

お金をそこまで多くかけられない場合が多いため、
できるだけ節約しつつも、多くの経験を積むことができる選択肢を選んでください^^

物価の面だけではなくアイルランドは日本人が少ないことも魅力の1つです。
イギリスのワーキングホリデービザに落選した方からもよく問い合わせがきますが
アイルランドにはアイルランドなりの魅力がつまっています。
英語を学ぶ環境が整っているアイルランド留学も検討してみてくださいね。

see you soon