アイルランドルームシェア探しdaft基本使用法完全ガイド


Hi Fujiです

※アイルランドdaftの検索方法をまとめました。大事なことは一番最後に書いてあります。

アイルランドに留学やワーキングホリデーに行かれる方で、ステイ先をどうするかという問題はよく考えなければなりません。

アイルランドではルームシェアやフラットシェアがとても盛んに行われています。ルームシェアというのは、1部屋に数人で暮らすということで、フラットシェアというのは、何部屋かある家やアポートで暮らすという形態になります。

基本的にはこのシェアという形かホームステイというステイ方法になります。一番多いのはホームステイで最初の数ヶ月を過ごし、ステイ費を節約するためにシェアに移るという形になります。

そしてアイルランドでこのシェアを探すのに欠かせないのが

『daft』

というシェアを探すサイトになります!

スクリーンショット 2015-11-21 21.20.21

daftはシェアだけでなく、借りる、買うまで住居に関するほとんどを提供しているサイトです!

ただ、アイルランドではシェアに対する需要がたくさんあるのですが、供給が全く足りていません><うまく案件を勝ち取るにはそれなりのコツがいります。普通に連絡をとっても、返信すらもらえないということはよくあります。

そしてもちろん全て英語のサイトなので、初めて使われる方にはなかなか難しい部分があります。

ここではまず、daftの使い方を紹介したいと思います。

まずはdaftのホームページに入り、『Sharing』をクリックします。

スクリーンショット 2015-11-21 21.53.41

そうするとこのような条件を入れるページになります。このまま検索すると条件が少なすぎるので、『Advanced』をクリックします。

さあ、ここまできたら希望の条件をバシバシ入れていきましょう!1つずついきましょう!

City or country

ここはアイルランドのどこの地域を探すのか、ということです。ほとんどの人がダブリンなので、その場合は『Dublin city』を選択します。

Search by

何で検索するかということなので、『Area』にチェックしたままにしましょう。

Area

このAreaはダブリンの中のどこなのか、東京23区でいうと、「何区なんですか」ということです。
希望の地域の周りを選んでみましょう。詳細:アイルランド留学〜District:地区〜

Price

月家賃の上限、下限価格を入れましょう。シェアの場合は上限500ユーロも入れればほとんどの物件がヒットします

Room type

どういう部屋がいいのか、ということですね。一人部屋が良ければSingle room。複数人で良ければShared roomを選びましょう。

Move in date

ここはいつ引っ越しして入居できるか、ですね。実際は部屋を見に行ったり、連絡をしあったりと、なかなか予定通り進まないので、余裕を持って早めの日程を入れるのをお勧めしています。

Length of stay

ここは連絡を取る際にも、退去する際にも何かとコツのいるところですが、何も選ばず『Don’t mind』で物件を見ていきましょう。

Looking for

選択肢は、Couples acceptedとEnsuites onlyの2つがあります。

カップルで泊まってもいいのか、個人ごとの浴室があるのか、ということです。

ここを選ぶと、ヒットする案件が一気に減ってしまうので、何もチェックせずに次にいきましょう。

Owner occupied

ここはその物件にオーナーが住んでいるのか、ということです。住んでる場合も住んでいない場合も、メリット、デメリットがあるので、どちらがいいというものではないです。基本的には『Don’t mind』で進みましょう。

People living there

その家に何人住んでいるのか、ということです。ここも特に希望がなければ『Don’t mind』で進みましょう。

Properties less than

案件が掲載されてからどれくらいの期間が経っているか、ということです。ここも『Don’t mind』で進みましょう。

Female/Male

ここは選びましょう!案件によっては女性のみ、男性のみのものも多くあるので、自分の性別をチェックしましょう。

Property type

ここは家なのか、アポートなのかなどですが、『Don’t mind』で進みましょう。

Facilities

ここは家にどのような設備を望むか、ということです。例えばネットが使えるのか、タバコを吸えるのかなどです。個人の希望ものをチェックしましょう。

Show the following

選択肢は、
Show let agreed
With photos
の2つです。

Show let agreedはすでに契約が完了している物件も表示させるのか、

With photosは写真付きの物件を表示させる、ということです。

基本的に物件供給が少ないので、どちらもチェックなしで進みましょう。

そのあとのKey words、Addressはどちらも何も記入せずにSearchをクリックしましょう!ここまでが案件検索の方法です。

連絡の取り方、案件確認の仕方など、いくつかさらにコツがあるので、ご気軽にご相談ください。

daftでルームシェアを探す際に一番大事なこと

ここまで検索し、searchを押すと検索結果が表示されます。そしてオレンジのサーチボタンの下に並び替えがあります。その中の「Data Entered」を押して下さい。Data Enteredというのは、案件が追加された日順に並べるということで、最新の案件を上に出すためのものです。

そして、そのページをお気に入り登録してください。

これが一番重要なことです!アイルランドはルームシェア案件が出るとすぐに連絡が集まり決まってしまいます。そのためスピード重視なんです!このようにすると、自分の好みの検索方法にヒットした最新の案件をいつでも開くことができ、すぐにコンタクトを取ることができます。

アイルランドのルームシェアはかなり早い者勝ちなところがあるので、最新案件にできるだけ早くコンタクトを取れるように頑張りましょう。

see you soon