アイルランド留学〜Dublin School of English に行ってみた〜


Hi Fujiです

さあ、もう12月ということで
アイルランドの街にも電飾やクリスマスツリーが飾られています。
子供の時はこんなの街でみたらウキウキして喜んでいましたが、
大人になってからはもう今年も終わりかー、なんてしみじみすることが多くなったのは僕だけでしょうか。

IMG_4731

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はそんな年末にオフィスの近くにある語学学校
『Dublin School of English』
に招待されたのでお邪魔してきました。

定期的に語学学校の最新の運営状況や生徒人数などを把握するためによく訪問します。
どの国でも語学学校の倒産というのは起きています。
それを見抜けずに貴重な経験を求めている留学生を送ってはいけません。
そのためにも定期的に語学学校を訪問しています。

Dublin School of English

 

 

IMG_4734

 

 

 

 

 

 

 

 

扉に大きく描かれた鳥がトレードマークのDublin School of Englishです。
この学校はなんとアイルランドで最も歴史のある語学学校として知られています。
設立は1968年、もうすぐで50年という半世紀の歴史となります。

 

IMG_4737

 

 

 

 

 

 

 

 

教室はこのようにシャンデリアが飾られていたりと、
豪華で落ち着きのある優雅な空間になっています。

アイルランドの歴史のある建物はこのような造りになっていることが多く、
このような空間で優雅に英語を学べるのはなかなか気持ちがいいなあと思います。

留学生が座る椅子はすべて誰かと向かい合わせになっており、
自然と会話が生まれるように工夫されています。

教室の最大人数は15人で制限しており、
講師が1人1人をきちんと時間をとって見ることができるようになっています。

そしてアクティビティにも力を入れており、
週に3種類のアクティビティに参加することができます。
土曜日には1日を使って遠出をすることもあります。

日本からの留学生の方にはこのアクティビティがとても人気となっています。
というのも、スピーキングが苦手な人が多い日本ではなかなか日常の学校で話しかけるというのがハードルが高いです。
このように観光しながら、スポーツなどをしながら友人を作るチャンスというのは非常に有効だと思います。

日本人は多くとも全体の5%もいないくらいということで、
ほとんどがヨーロッパ、南米からの留学生なので、
日本語を使っている余裕なんて全然ありません。

構内を案内してくれたAndreaもとてもフレンドリーで、
他の講師の方々も接しやすい方ばかりでした。

ちょうど僕が行った前日がクリスマスパーティを留学生と先生で楽しんでいたらしく、
残っていたピザを食べながら色々学校の説明をしてくれました。

IMG_4740

 

 

 

 

 

 

 

 

いっつもカップラーメンばかりの僕だったので、
久しぶりにピザを食べて気絶するほどおいしかったです。
おいしすぎて話になかなか集中することができません。
どこかに訪問している時にピザはダメです。

アイルランドのほとんどの学校には日本人スタッフがいませんが、
私たちのオフィスととても近い場所に位置しているので、
何か困ったことがあればいつでも立ち寄ることができます。
ピザでも食べながら一緒に話しましょう。

ちなみに、留学の目的は英語の習得のため、
アイルランドに来たからには英語しか話さない!と覚悟を決めている人も少なくありません。
その場合は私たちのオフィスに来ていただいた際もすべて英語で対応しています。
英語に慣れるまではオフィスに来てコーヒーを一緒に飲みながら
オフィスで用意している英語プログラムを語学学校後に受けるという人もいます。

気になったら気軽に相談してくださいね。

留学コンサルタントへ無料相談