アイルランド留学〜英語試験対策〜


Hi Fujiです

留学を考えている人の多くの目的は英語の習得です。その中でも最近増えている傾向の留学スタイルがあります。それは英語試験対策の授業です。なぜ普通の授業ではなく、試験対策の授業も増えているのでしょうか。

171acc33534a3560f1c8176faea504dd_s

英語試験対策授業が増えている

それは「留学に行った」という抽象的なものではなく、例えば「TOEFL iBT90」「Cambridge CAE」のような具体的な英語力の証明がほしい、というニーズが増えているからです。

なぜそのようなニーズが増えているかというと、例えば「留学3ヶ月行きました」と言われてもどれだけ英語が話せるのかというのは人それぞれでなかなかわかりづらいです。しかし「留学に行ってTOEFL iBTは90です」と言えば「英語を使うことに関しては特に問題ないようだな」というのがわかります。TOEFLはSpeaking, Writing, Reading, Listeningの4つが全て含まれているテストなので全体的な英語力がわかりやすいんです。

そしてなぜわかりやすい英語力が必要かというと、就職や転職で活用したい、と考える人が多いからです。面接官や人事担当者が留学をしていない人だと「留学〜ヶ月」という表現はなかなかイメージしにくいです。ですが、英語試験の結果で伝えればどれくらいの英語レベルかということは大体わかります。卒業大学名で大体の優秀さを測るのと同じイメージです。数学を3年勉強したと言ってもよくわかりませんが、〜大学を卒業したと言えばどれくらい勉強ができるのかは大体相手に伝わります。

どうせ留学に行くなら証明できる英語力も取ってしまおう!ということで通常の日常会話の授業に加えて英語試験対策を受講する人が多くなっているんです。

留学を考えているのであれば、ぜひどのような形でその力を証明するのかも考えてみてください。

see you soon