アイルランド留学〜アイルランドは起業しやすい国?〜


Hi Fujiです

日本は起業しにくい国と言われていますよね。それのせいか起業する人も比較的少ないです。

2013年の記事なのでちょっと古い掲載になってしまいますが、そんな中アイルランドは最もビジネスに向いている国1位として、アメリカ経済誌Forbesに取り上げられているんです!

スクリーンショット 2015-12-14 17.57.03

記事原文はこちら
全て英語なので簡単に要約すると、

・他国を巻き込んだ急速な国の成長
・教育レベルの高い人材
・12.5%という低い法人税

この3つの点がアイルランドがBest country for businessとして選ばれている理由のようです。

急速な国の成長というのは、成長しないと破綻してしまうような国だったからです。一時は経済危機国として認定されていたアイルランドなので、何が何でも成長しなければ破綻してしまうという危機感からこのような成長が生まれたと言われています。

具体的にしたことは他国を巻き込むことができる大きなビジネスを呼び込むことです。アイルランドは北海道ほどの小さな国なので自国だけのビジネスには限界があります。ヨーロッパ全土を巻き込んでいく必要がありました。

そこで目をつけたのがITです。ITはインターネットで世界中を相手にできるためそのビジネス規模は凄まじく大きいですアイルランドは国としてITに注力していきました。

スクリーンショット 2015-11-15 21.32.50

そうした努力から、google, microsoft, yahoo, amazon, facebook, twitter, linkedinなどなど、名だたる企業がこぞってアイルランドにオフィスを設け、ビジネスを拡大していきました。

教育レベルの高さというのは、アイルランドの教育システムによって成されています。というのも、アイルランドは小学校から大学まで授業料が無料となっています。このような教育水準の高さからアイルランドは文学の国としても知られています。

記事ではこのような点を挙げていますが、自分が感じるのはアメリカとの関係性が強さです。

アメリカ人がアイルランドに来ることも多いですし、アイルランド人がアメリカにいくことはとっても多いです。この2カ国はかなり強い絆で繋がっているんです。

アメリカは起業しやすい国として知られていますよね。1つには失敗をしたとしてもその経験を讃える風土がその原因としてあげられます。そしてアイルランドにも同じような雰囲気があります。失敗したとしても、気にしないで次のことをトライし続けます。多くの人が、転ばないことではなく、いかに早く立ち上げるかが重要ということを知っています。

英語だけではなく、上記の企業でのインターンや、このような雰囲気の中でビジネス経験を積むことをメインの目的としてくる留学生も少なくありません。アイルランドの学生ビザはパートタイム、時期によってはフルタイムでの就労も可能な点が非常に優れている点です。

もしもいつか海外でのビジネスに携わりたいと思っている方であれば、アイルランドはそれらを学ぶ最高の場所の1つだと思います。

see you soon