アイルランド レンスター州の3つの地域の名所とアクセス


目次:地域から選ぶ

  1. キルケニー:Kilkenny
  2. ウェックスフォード:Wexford
  3. ウィックロウ:Wicklow

キルケニー:Kilkenny

多くの歴史的建造物と逸話で彩られた古都といわれるのがキルケニーである。中世アイルランドの中心都市であった。大きな町ではないため徒歩で観光できる。

ダブリンからもバスで2時間程度のため、ちょっと訪れるのにはいい町である。

キルケニーへのアクセス

【ダブリン発の電車の場合】
頻度:ヒューストン駅から1日3-6便程
所要時間:1時間45分
運賃:22ユーロ(27.5ユーロ)

【ダブリン発のバスの場合】
頻度:1日6便
所要時間:2時間
運賃:10.8ユーロ

観光地

キルケニー城:Kilkenny Castle

12世紀に建てられた城。オーモンドのバートラー家の居城として代々引き継がれてきた。場内は19世紀にヴィクトリア朝風に装飾されている。ツアーでのみ場内見学を許されている。

聖カニス大聖堂:St.Canice’s Cathedral

この町の名前であるキルケニーの語源は、聖カニスの教会を表すゲール語である。そのためこの大聖堂は町を代表する歴史的建築物といえるだろう。

ロス・ハウス:Rothe House

キルケニーの商人であるジョン・ロスによって1594年に建てたられた建造物である。当日の裕福層の生活水準を知ることができる。

ブラック・アビー:Black Abbey

ドミニコ派修道院。ブラック・アビーという名前の由来は、ドミニコ修道院士たちが黒い装束を着ていたからだという。

キルケニー・デザイン・センター:Kilkenny Design Center

キルケニー城の向かいに位置するデザイン・センター。アイルランド各地の民芸品を扱っている。

聖メアリー大聖堂

立派な建物であるが、よく見るとバランスの悪い箇所が見受けられる。これは、建設が進められていた、1840年頃アイルランドは飢饉に襲わられており深刻な財政難になったためである。

ウェックスフォード:Wexford

12世紀の建造以来、城塞都市として町の発達を遂げた。ヴァイキングや、ノルマン人の侵攻の影響である。ダブリンからは3時間ほどかかるが、近海の漁業が盛んで活気のある光景を見ることができる。

ウェックスフォードへのアクセス

【ダブリン発の電車の場合】
頻度:コノリー駅発1日3便程
所要時間:2時間30分
運賃:19.5ユーロ(休日:25ユーロ)

【ダブリン発のバスの場合】
頻度:1日3便程
所要時間:2時間50分
運賃:16ユーロ

【ロスレア港発の電車の場合】
頻度:1日3便程
所要時間:25分
運賃:4.5ユーロ

【ロスレア港発のバスの場合】
頻度:1日10便程
所要時間:30分
運賃:4.30ユーロ

観光地

ジョンズタウン城:Johnstown Castle

アイルランドにある古城の中でも一番美しい城と言われる。そのため、常に観光客がいるスポットになっている。イギリス庭園が城を囲んでおり、大きな池もある。

ウェックスファード野鳥保護区:Wexford Wildfowl Reserve

親子連れに人気の場所であり、週末はピクニック客が多く見受けられる。越冬するグリーンランド・グースなどの可愛い野鳥たちに会える。

アイルランド国立ヘリテージ・パーク:Irish National Heritage Park

アイルランドの人々の生活の変遷を見ることができる。大人から子供まで夢中になれるテーマパーク的なところである。

ウィックロウ:Wicklow

アイルランの庭と呼ばれているのがウィックロウである。ダブリンの南の位置に標高800メートルほどの山脈がある。そこを越えた場所にウィックロウは位置している。

18世紀ごろはノルマン人やイギリス人などがこの地を別荘として構えていたようだ。日本でいう軽井沢と言ったところだろうか。

ウィックロウへのアクセス

【ダブリン発の電車の場合】
頻度:コノリー駅発1日3~5便
所要時間:1時間
運賃:11.30ユーロ

【ダブリン発のバスの場合】
頻度:1日9~12便
所要時間:1時間~1時間30分
運賃:7.5ユーロ

観光地

ハルピン記念碑:Halpin Monument

この地が生んだ大船長ロバート・ハルピンの像。19世紀にグレート・イースタン号で大西洋を渡り、ニューフィンランド島との間に海底ケーブルを敷設した。

ハルピン

ウィックロウ歴史刑務所:Wicklow’s Historic Gaol

イギリスの支配時代に政治犯罪者を収容していた場所(1702-1924)。建物内は博物館化しており、見学ができる。

刑務所

ウィックロウ・ウェイ:Wicklow Way

全長約130kmのウォーキングコース。様々な景色と地帯が顔を出す。

ウェイ

ブラック城:Black Castle

戦いの歴史を物語る建物であり、この城は岬の先にあり13世紀頃にノルマン人が建設したものである。景色が良いためピクニックエリアとして使われている。

black castle