アイルランド留学〜チップ〜


Hi Fujiです

日本と外国で文化の違いでよく取り上げられるのが、

チップ

ですよね。アイルランドのチップ事情について把握しておきましょう。

アイルランドのチップ

アイルランドではチップを払う場合と払わなくてもいい場合があり

少しややこしいんです^^;

料金に既にサービス料として含まれている場合はチップを払う必要はないので、

領収書をしっかりとチェックしましょう!

また、領収書に書かれていなくとも、いいサービスを受けたと感じなければ
払う必要はありません。

いいサービスだったな!と思った時や
領収書に書かれていない場合は以下を参考にしてください。

タクシー

料金の10~15%。

レストラン

料金の10~15%。

クレジットカードの場合は、
領収書に『Tip 10%』と『Total ~』と書けばOKです。
チップが何%で、合計がいくらになる、ということを書きましょう。
レストランによってはそれ用の欄が領収書にあるので、利用してください。

ホテル

基本的には必要ないですが、

荷物を運んでもらった時や、ルームサービスを頼んだ時は
€1ほどをチップとして渡しましょう。

従業員はチップがないとかなり安い給料になってしまうため、
いいサービスを受けたら快く支払いましょう^^

see you soon