アイルランド留学〜TOEFL人気〜


Hi Fujiです

日本で英語試験と言えばTOEICですね。ListeningとReadingの990満点で構成される試験です。日本では就職や転職でもよく求められる試験ですね。ですが、世界に目を向けるとほとんど重視されません。英検よりは認知されていますが、英語力としてはあまり評価されていません。その理由は何なのでしょうか?

171acc33534a3560f1c8176faea504dd_s

TOEICが世界的にはあまり評価されていない理由

いろいろな理由がありますが、一番はSpeakingが試験に含まれていないことでしょう。Listening, Readingという聞く、読むだけでは英語力としては少し不安があります。そのため世界的には例えば大学に入るためにも、海外で就職する際にもよく求められるのはTOEFLやCambridgeというSpeakingが含まれた英語試験です。

TOEFLとは

日本ではまだまだ受験人数が少ないですが、徐々にその認知度も高まっています。TOEFLはListening, Readingに加えSpeaking, Writingの4つで試験が構成されています。TOEFLで一番受験されているのはiBT(internet-based-testing)という紙ではなくネット上で試験を進めるタイプのものです。
120点満点のテストで、日本人の平均は70点ほどですが海外の大学などで求められる最低は90点ほどです。

そしてこのTOEFLを留学中に勉強する人が増えています。それはなぜかというと留学という漠然とした経験ではなく、しっかりと英語力を世界に示せるものとして残したいと考える人が増えているからです。通常の日常会話にTOEFL試験対策授業も受ける人が増えているんです。

留学に行ったあとに、その英語力をどのように他人に伝えていくのかも、特に転職、就職など英語力を活かして何かを目指している人は考えて留学計画を立てましょう!

see you soon