2016年ワーホリ申請は例年以上に応募する人が増える理由


Hi Fujiです

新年ですね!
初詣に行ったり、おせちを食べたり、
1月はなんだかみんなわいわいしているので楽しいですよね。

そんな楽しんでいる中で、
うっかりしていると過ぎてしまうもがあります!

そう
それは
アイルランドワーキングホリデーの申請です!

スクリーンショット 2016-01-05 21.02.22

 

はい!ということで新年ということもあって、
特別番組を見ていても、こたつでみかんを食べながらでも気づけるように大きく作りました!

アイルランドのワーキングホリデーは1月と6月のみの申請なんです。
いつでも申し込めるわけではないので、1月をぼんやりこたつで過ごしてしまうと、
6月まで待たなくてはいけなくなります。

申請費はかからないです。
無料でできます。
でも不備があると取得できないので、不安がある方はお問い合わせください。
しっかりサポートさせていただきます。

アイルランドのワーキングホリデー申請は400人までと発給人数が決まっていますが、
おそらく今年から応募する人が一気に増えます。

なぜかというとアイルランドの学生ビザの規定が変わったからです。
前までは12ヶ月取れたのが、この1月から8ヶ月に短縮されます。

もちろん延長ができるので、
1年以上行きたい人は学生ビザでもぜんぜん行けますが、
延長の必要もないワーキングホリデービザを1年間取って行ったほうが圧倒的に楽ですよね。

なので今年から応募者がとても増えるはずです。
おそらくエージェントからの手数料を気にして自分で申請して、学校も選ぶという人も少なくないと思います。

そうすると申請ミスが増えるので、1月申請でビザを取得できない人が増えます。
そして6月はさらに応募者が増えることになります。

私たちは留学生の方からワーホリ申請や学校選択の手数料をもらっていません。
そういう既存のビジネスモデルにある留学生の負担をなくすために私たちは取り組んでいます。
そして私たちは正規提携を1校1校と結んでいるため、自分で学校を申請するよりも低い授業料で提供することができます。

「自分でぜんぶやってみたいんだ!」
という場合はもちろんそれもいい経験になると思います。
ただ、「少し不安だな。。。」「学校ってほんとにここでいいのかな。インターネットの情報しか見てないけど。。」など
少しでもモヤモヤっとした気持ちがあるなら相談してください。

留学は人生で何度も気軽にできる経験ではないです。
お金も時間もたくさんかかります。

留学が大成功するやり方は人の数だけ存在していますが、
留学が大失敗するやり方というのはいつも同じようなものです。

絶対に夢に近づくための留学が失敗なんてしちゃいけないんです。
みなさんは夢に近づかないといけない。
だから、曖昧で終わらせないでください。
モヤモヤの気持ちは解消してください。
自信を持って、胸を張って世界に出てください。

スクリーンショット 2015-12-05 22.21.52

see you soon