アイルランドワーキングホリデー〜よくある質問〜


アイルランドワーキングホリデーをサポートをしている中で、
よく受ける質問がありましたので、まとめてみました。

Qアイルランドワーキングホリデービザはいつ申請すればいいのですか?

アイルランドワーキングホリデービザの申請時期は1年間で2回にわかれています。
1回目が1月、2回目が6月。1年間でこの2ヶ月間しか申請を許可していないため、気をつけましょう。
1月申請の場合は8月までの出発、6月申請場合は来年2月までの出発になるので、
自分の渡航計画に合わせて申請しましょう。

Qワーキングホリデービザが発給されたらすぐに働けますか?

働くために、現地で必要な手続きが3点あります。

1.外国人登録
この外国人登録をしないとワーキングホリデービザがあったとしても、
90日以上の滞在が認めてもらえません。
詳細:ビザ延長と外国人登録

2.PPS番号
アイルランドで仕事をする場合、この社会保障番号であるPPSが必要になります。
詳細:アイルランドワーキングホリデー〜PPS番号〜

3.税務当局へ登録
仕事が決まった後は、税務当局であるRevenue commissionersに申請する必要があります。
FormA12という用紙に必要事項を記入して郵送で送れば大丈夫です。

仕事探しから、申請まで現地のスタッフがサポートするので安心してください。

Q現地の銀行口座は必要ですか?

必要です。
開設するためにはパスポートと住所証明書が必要になります。
住所証明に関しては、自分の名前宛でその住所に送られている請求書などが必要になります。
ルームシェアなどの場合は、これが難しいので大家さんにレターを書いてもらい申請にいきます。

Qすぐに仕事は見つかりますか?

英語力にもよりますが、決して簡単ではありません。
CVという英語の履歴書を何枚も作り、面接を受けにいくということを根気よく続ける必要があります。

私達の現地コネクションから紹介できる働き先もあるので、気軽に相談してください。

Q現在、日本ではアルバイトで生活をしているのですが、応募できますか?

できます。
年齢制限をクリアーしている、フルタイムの学生、フルタイムの就労をしている方は応募することができます。
フルタイムの就労というのは、雇用形態は問われていないので、アルバイトでも派遣社員でも、その就労が生活の土台となっていれば問題ありません。

ワーキングホリデーの申請条件は厳しい?

Qアイルランドではない国のワーキングホリデーに参加したことがあるのですが、申請できますか?

できます。
アイルランドのワーキングホリデー自体は1度しか参加することができませんが、
他の国のワーキングホリデーを受けていたとしても問題ありません。

Q申請の際に職歴の証明書を用意する必要がありますか?

ありません。
略歴に記載するだけで大丈夫です。

Q卒業証明書が日本語のしかない場合はどうすればいいですか?

英訳したものを添付する必要があります。

英訳に関しても、私達のほうでサポートしていますのでご安心ください。

Q英文の残高証明はいつ発行したものならいいでしょうか?

申請日から、古くても2ヶ月までの証明書を取得するようにしましょう。

Q卒業証明書はいつ取得したものならいいでしょうか?

卒業証明書に関しては、いつ取得したものでも大丈夫です。

Q申請時にパスポートの有効期間が1年以上ない場合はどうすればいいですか?

申請時には現在のパスポートで申請を行い、あとから新しいパスポートに差し替え対応を致します。

Q1月の申請後に海外旅行へ行っても大丈夫ですか?

2月には申請の結果が出るので、そのときに戻ってきていれば問題ありません。

Q申請許可が届いたが、行けなくなりました。どうしたらいいですか。

申請照会番号、氏名、辞退理由を記載して、Faxまたはe-mailにて送ります。
また辞退した場合でも、別の機会に再度申請することは可能です。

Q申請許可が下り、パスポートなどを送付しましたが、いつごろ発給されますか?

許可証発給には約1〜2ヶ月かかります。

Q1月に申請した場合、最短の出発時期はいつごろになりますか?

2月には結果が郵送され、そこからすぐにパスポートを送ったとしても、
最短でも1ヶ月は許可証発行にかかるため、3月下旬が最短の出発時期になります。

Q補足申請フォームに記載した出発予定日は変更可能でしょうか?

可能です。ただし、1月申請の場合は8月まで、6月申請の場合は来年の2月までの出発になります。

Qワーキングホリデーを延長して、そのままアイルランドに滞在することはできますか?

延長することも、滞在することもできません。一度、期限が切れる前に出国する必要があります。

Qワーキングホリデー中、日本に一時帰国して、再度ワーキングホリデーを再開することは可能ですか?

可能です。
ワーキングホリデーの有効期間内であれば、問題ありません。

Qワーキングホリデー中に、何度か日本に戻る予定があります。入国審査のときに気をつけることはありますか?

一時帰国する予定がある場合は、あらかじめ審査官に伝えておきましょう。

Q渡航時に31歳になってしまいますが、大丈夫でしょうか。

申請時の年齢制限があるだけなので、渡航時の年齢は問題ありません。

Q現在英語力がほとんどないのですが、大丈夫でしょうか?

もちろん最初は苦労しますが、気づけば慣れていって、どんどん楽しくなった、という声が多いです。
いまの英語力よりも現地でどのように活動するかが重要です。
現地のスタッフがサポートするので、安心してください。

スクリーンショット 2015-11-13 20.25.13

おすすめ記事
アイルランドの時給っていくら?
2016年1月アイルランドワーホリビザ最新情報