語学学校の運営形態ってどこも同じ?


171acc33534a3560f1c8176faea504dd_s

Hi, Yukaです。

語学学校を選ぶときに何から始めたらいいかわからないという声をよくききます。

まずは国を決めて、都市を決めて、、、

あれ?その次は何を考えたらいいんだろう?となってしまう方が多いようです。

 

今回は語学学校の運営形態についてお話しします。

自分がどんな目的で留学するのか、語学学校に通うのかということを考えると

語学学校の種類はどちらにするかすぐに決まると思います。

語学学校には大きく2種類があります。

 

大学付属英語学校

大学に付属する語学学校なので将来大学へ進学する留学生を対象とした英語コースとなります。

主に公立か私立の運営です。

英語のレベルが大学入学に達していない人や、

大学の授業を受ける前にもっと英語力を向上させるために通います。

総合的な英語力の向上を目的とし、文法やリーディングなどの座学もしっかりと行い

スピーキングなどの発言の場も多い授業内容となります。

私立語学学校

私立の語学学校にはさらに2つに大別されます。

入学日は毎週あるため短期留学の人もたくさんいます。

レッスン時間やコースも洗濯することができ

自分の目的に応じた授業を受けることができます。

 

・キャンパス型

大学のキャンパスの一部を借りて授業をします。

学校によっては推薦入学制度があったり、

キャンパスにあるジムや図書館などの施設の利用が可能です。

現地の学生と同じキャンパスライフを送ることができるので

大学に通っているような気分になることができます。

 

・都市型

多くの人が想像するのがこの都市型です。

主にダウンタウンなどの中心地に校舎があるので

放課後はぶらりとどこかへ観光へ行きやすい立地の学校が多いです。

 

海外の大学進学を考えているのであれば、

大学付属の語学学校や大学と関係が深い語学学校がいいかもしれません。

語学学校でいい成績を残すことで試験をパスできる語学学校もあります。

 

語学学校についてもっと詳しく知りたい!という方は

お気軽にお問い合わせくださいませ^^