留学・ワーホリ前の準備英語〜音楽編part2〜


留学・ワーホリ前の準備英語として音楽ジャンルに絞り様々なアーティストや曲を紹介していくコーナー第二弾です!

ジョン・レノン

Imagine

Imagine there’s no countries
It isn’t hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace

想像してごらん、国などないと かんたんさ 誰も死なず殺し合いもない 
宗教もない 想像してごらん、全ての人が平和に暮らしていると

ジョン・レノンの代表曲です。メッセージ性が強い曲ですね。ほかにも、Love、Jealous Guy、Starting over、Women、Grow Old With Meなどの名曲も聞いてもらいたいです。英語もシンプルです。

QUEEN

 I was born to love you

I was born to love you
With every single beat of my heart

僕は君を愛するために生まれてきた
この胸の鼓動がそう言ってるのさ

デビューは1973年で『世界で最も売れたアーティスト』とも言われています。男性4人組ロックバンドで何よりも有名なのはフレディ・マーキュリーでしょうか。彼はリードボーカルで、見た目にインパクトありますね。

Eric Clapton

Change the World

If I could change the world
I would be the sunlight in your universe

もしも世界を変えられるなら 僕は君の太陽になろう

世界中の音楽ランキングに食い込んだ有名な曲です。
日本でも非常に人気が出て、ラジオ局のチャートでは年間1位を獲得しました。
=============================
If I could 〜 , I would 〜 .
もし〜できるならば, 〜だろう。
=============================
様々なシーンで使えるフレーズですね。
是非覚えてみてください。

第二回目のアーティスト紹介はいかがでしたか?

聴いたことのある曲を何度も聴いてみるのも、初めての曲を聴いてみるのも英語力アップに確実につながっていくと思うのでぜひ試してみてくださいね♪

それでは、また!

今日もみなさんにとって良い1日であったことを願っています♪