無料留学 One project〜潜入!CELTA〜


Liliです。

ダブリンに来てからもうすぐ3週間が経ちます。
早いな~

授業はとっても楽しいです。日本で受けていた授業とは全然違うんです。
まず、参加型。発言する機会がとても多いです。

単語もクラスの中でたくさん使います。いつの間にか覚えちゃった!ということもよくあります。
「はい、この単語明日までに覚えてきてー。テストやるよー。」
とかは一切ありません。学生が楽しみながら勉強できることを第一に考えてくれています^^

でも、教えられることだけを待ってちゃもったいない!ということで、
今日は、先生に頼んで、英語教授法コース、
CELTAのクラスを見学させてもらいました。

これ、私が以前にテストを受け、不合格で受けることができなかったコース。。。

img_5459

教室へ。みんな、明らかにネイティブスピーカーっぽい英語を話している・・・
ドキドキドキ

どうやら学生の半数はアイルランド人、アメリカ人のネイティブスピーカー、
あとの半数はブラジル、ポルトガル、ハンガリーなどから来ている学生らしい。
でも、言われなければわからないほど、みなさん英語はネイティブみたいでした。レベルたかー!

今日は、
【英語がまったくわからない学生の気持ちを体感しよう!】
みたいなのがテーマだったらしく、
何人かが母国語でプチ授業をしていました。

教える内容は、曜日。
ジェスチャーなどを交えながら、教えています。おもしろーい

img_5455

すると、
教室の隅で見学させてもらっていた私のところに先生がやってきて、
「あなたもやってみて!」といきなりフラれ・・・(◎o◎;;)

img_5454

“Wha! What!?”とあたふた。

すると、先生から一言。

”Come on! You’re gotta be a teacher!”
(カモン!あなた、先生になるんでしょう!)

覚悟を決めて、
月曜~日曜までの曜日をほかの学生さんたちに教えました。

かなり緊張しましたよ~知らん人たちの前でいきなり何かやらされるなんて。

でも、
”月、火、水、木、金、土、日♪(まーいーにーちたのーしい、なーつーやーすーみー♪)”
のリズムに乗せて教えたら、みんな盛り上がってくれた^^笑

よかった~
今となっては先生、貴重な体験をありがとう。

その後も、授業に参加させてもらい、
とても良い時間を過ごせました。

あ~

このコースで学びきれたら、とても力がつくんだろうなぁ。
日本では学べないことがたくさん詰まっているんだろうなぁ。

日本でも英語教授法について学べる機会はたくさんあるだろうけど、
やっぱり一度は本場で学んでみたい。

「英語を教える」ということについて、
アイルランドで必ず何か得て帰りたい。

来週、CELTAコースを担当している先生とお話できることになっています。
自分に合ったコースは何なのか、自分にはどんな英語力が足りないのか、
色々聞いて来ようと思います♪

これから留学するみなさん。
先生には存分に甘えましょう!!!
聞きたいことは聞いて、頼みたいことは頼む。
外国で勉強している、という環境にだけ満足していてはもったいないです。