社会人留学とOne project


最近は本当に寒くなってきましたね。関東圏は54年ぶりとなる11月の初雪に見舞われ、あたり一面雪景色となっていました。皆さんもお身体にはお気をつけて充実した日々をお過ごし下さい。

第4回One projectも12月4日の最終選考を控え、私たちの小さなオフィスも慌ただしくなってきました。選考を重ねるに連れて本当に様々な方からご応募頂けるようになりました。学生や社会人の方はもちろん、夢に向かい動き続ける3児の子を持つ専業主婦の方や、農業を営み地方の活性化を目指すパワフルな男性など、素敵な方との出会いが多く感謝の気持ちで一杯です。そこで本日は社会人留学に焦点を当てお話をしたいと思います。

社会人留学の苦悩

社会人になると「日々の仕事でいっぱいいっぱい!それ以外のことを考えるなんて無理!」となりがちですよね。私にもそんな経験があります。社会人留学となると多くの場合、会社を辞めなくてはなりません。考える余裕がない中、留学だけでなく会社を辞めるという一大決心をすることはそう簡単なことではありませんね。

69644cd51ba477ea43f689fa75567501_s

社会人留学へと突き動かすもの

費用、国、学校、授業、滞在、など考えなければならない点はたくさんありますが、先輩留学生を動かしたきっかけは、案外具体的なものでなく抽象的なものが多いです。驚きますよね。それは「留学を考えることで気持ちが高まるかどうか」というもの。こういった感情的な部分がきっかけで動き出す人が意外と多いのです。

1人で夜な夜なネットで留学について調べているとどうしても不安ばかりが増えていきます。もちろん調べることはとても大切ですが、1度しっかりと自分の気持ちを言葉に出してみてください。それが私達であればもちろん嬉しいですが、そうではなくても近くにいる留学経験者や信頼出来る方に相談してみてください。自分の言葉にして相談することで頭の中がクリアになり、しっかりと考えが整理できるはずです。

One projectに込められた願い

One projectの面接で必ず聞くことがあります。それは「あなたの夢はなんですか?」というもの。この質問の意図の中には、自分のことをもう一度考えて欲しいという願いが込められています。そして普段の自分自身を振り返って欲しいのです。昔から抱いてきた夢を考えないようにしていませんか?無理だと諦めていませんか?夢は叶えようとしない限り叶わないものです。やりたいことに向かい、ひたすらに真っ直ぐ動ける気持ちを私たちは尊敬します。

そして悩んでいるあなたにお伝えしたいことがあります。私たちは留学エージェントの仕事を通じ多くの留学生に出会いますが、社会人留学をして後悔している人に出会ったことがありません。これは大袈裟な表現でなく本当の話です。大人になると自分の気持ちに素直に行動することは難しいものです、また、自分の本当の気持ちを表現することも難しいかもしれません。ですが、一歩を踏み出しチャンスを掴むためには自分と向き合うことが大切です。もっと自分を大切にしてあげてください。このページを見ているということは、きっと背中を押してくれる人と出会いたいからですよね。私たちはあなたの背中を押したいです。そのきっかけとしてOne projectが存在しています。

留学せずに英語力を高めるという選択について→