続続・違う国籍の人と仲良くなるコツ


Hi Fujiです

相手の言語を教えてもらう
たったこれだけの簡単なことを実践してから生活が激変しています。

前回の「続・違う国籍の人と仲良くなるコツ
では勝手にご飯を作ってくれました。

そしてそのときに
「次は作り方を教えてあげるからFujiも一緒につくろうよ!」
ということで一緒に作ることになっていました!
自慢じゃないですが、料理はまったくうまくありません!

そんなこんなで7時ごろに作り始めようねー、と言って解散しました。
ちゃんと時間通り行って手伝うぞ!
と気合を入れてオフィスを飛び出しました。

完全に時間通り。
5分前行動。社会人の基本ですね。
しかし、家の扉を開けると衝撃の光景が。

IMG_4931

完全に作り始めています。


「うおーーい、もう作り始めてるの!?なんか手伝うことない?」

ロドリゴ
「早めについたから作り始めちゃった♪ Fujiは待っててくれたらいいよ」

おいおい。どんだけ彼女なんだよ。
結婚してください。

ということでお言葉に甘えてコーラを飲みながらソファで休んでいました。

ロドリゴ
「できたよー!」

待ってました!その声を聞くと同時に立ち上がりキッチンへ向かいました!

IMG_4933

IMG_4936

IMG_4937

IMG_4938

IMG_4939

どうですか。
味は完全にレストラン級です。

ちなみによく出てくるライス&人参のコンビはブラジルでよくある食べ方だそうです。
そして豆。この豆はバターやにんにくで煮こまれ、もう異常なほど食欲をかきたてる香りがします。
この豆もブラジルでは一般的だそう。日本で言う納豆的な、ご飯のお供だそうです。

Ola、オラ、ポルトガル語で「やあ!」「こんにちは!」みたいな意味。
ありがとうも教えてもらいましたがOlaより難しかったのでもう忘れました。
朝起きるとOla,部屋で会うとOla、こんな感じでOlaを使っていると、
相手も喜びます。喜ぶと何が起こるかというと相手はこちらの言語を知りたくなってきます。

ということで、
2人で一緒に「いただきまーす」と言ってから食べ始めました。
ちなみにロドリゴはキノコが大好き。ブラジルではキノコが高いそうです。
中でもロドリゴの大好きなキノコが「しめじ」。

「I love Shimeji! Shimeji is my best! I love Shimeji」

しめじが日本を越えてこんなに人気になっているなんて想像もしていませんでした。

日本とブラジル、お互いの文化の違いを話し合いながら食事をします。
そうやってお互いを知っていきます。
たまにわからない単語はお互いに教え合いながらコミュニケーションを取っていきます。

お互いの英語のレベルが違うのでもちろんスムーズではないです。
でも相手が言っていることを理解し、発音が違っても正し、自分の理解が正しいかを確認しながら話しを進めます。

そうやって僕の英語も、相手の英語もスキルアップしていきます。
でもそのためにはそもそも仲良くならないと始まらないです。
仲も良くないやつのことを知りたいとは思わないです。
そう考えると、
世界の人とのコミュニケーションの最初にくるのは英語じゃなくて他の何かなんだなあ、と思います。

その何かは何でしょう。
笑顔という人もいれば、コミュニケショーン能力という人もいるでしょう。

僕は、好奇心、だと思っています。
世界を知りたいという好奇心が、相手を知りたいという好奇心が何よりも先に来るんじゃないかと思っています。

最後にシェフの最高の笑顔をどうぞ。

IMG_4940

see you soon