最後を意識すること


Hi Fujiです

今年も残すところあと2日なわけですね。
毎年毎年バタバタ具合のレベルがアップしており鍛えられております。

そんなバタバタな中で第5回One projectがスタートしました。今回はアメリカ、ハワイ、イギリス、オーストラリアという留学大国が加わりグッと規模が大きくなっております。

第5回のテーマは『最後』です。

僕がいまこのブログを書いているのはブログランキングに自分の過去の記事がいきなり出てきたからです。このブログです↓。

今日を最後だと思って生きろ

おそらく今回のOne projectのテーマである『最後』とメッセージが似ているので見られているのかなと思います。

誤解がないように!再度伝えたいと思います。

スティーブ・ジョブズが言う「今日を最後だと思って生きろ」

これにはとても反対。前のブログで言っていることと同じです。今日が最後だと本気で思いながら、仕事できないでしょ!!しんどいわ!

今回のOne projectでは下記のメッセージが出ています。

人生に終わりはある。
『最後』があると認識しながら生きなければならない。
世界へ行きたいと本気で思うなら、いま行くべきだ。

でも最後を認識することはとても大事だと思っています。僕は幼少期あまり健康ではなく、病院けっこう行っていまして人生はそもそもとても短いものだと捉えています。だから、この会社にも、事業にも、One projectにも、留学に行きたいという皆さんにも、この会社を支えている仲間にも、本気で向き合いたいと思っています。だから12月29日の今日も留学カウンセリングはするし、明日も学校と連絡は取るし、明後日も仕事をします。僕にとって一番大事なことは、日本人がもっと世界に飛び立てる未来を作ることです。それには解決しなければいけないたくさんの問題があり、とても一生懸命に取り組まなければ何も達成できないまま人生は終わってしまいます。これはどんな夢でも同じじゃないかと思っています。

最後はある。

夢もある。

この2つを意識しながら取り組むことはとても大事なはず。今日を最後だなんて思わなくていいけれど、いつかはくる。夢のために何が必要なのか。いま夢に向かえているのか。いやいや取り組んでいることはないのか。本気なら、夢にすべて注ぐべきだ。夢に向かうことだけが、生きていく唯一の意味だと僕は信じています。

僕の夢は、世界に行きたい日本人全員を世界に送ることができる未来を作ることです。
その夢に全ての努力を注いでいます。僕だけでなく、会社の仲間全員が全努力を注いでいます。

みなさんの夢は何ですか。
全努力を注いでいますか。

その夢のために留学が、世界に行くことが必要なら、全力で応援させてください。
こんな世界に一矢報いましょう。みなさんの全努力の矢を束ねたら、きっと世界は動く。

第5回One project『最後』

see you soon