ドイツ旅行〜トラベルでトラブル編〜


さて、ドイツ旅最後のブログはトラブル編。

第一弾ドイツにドイツと行ったのか編

第二弾普通に観光編

ダブリンからフランクフルトへ、私のチケットは早朝便だったので、空港までの足をどうしようか迷っていたのです。

 

みなさんご存知、ダブリン市内からダブリン空港までは24時間バスaircoachが出てます。

片道7€, 往復12€

30分ほどで着くし、超快適だよ。

(空港までのアクセスは詳しくはこちらを見てね)

でもね私は貧乏な留学生。

安く行けるにこしたことないの。

普通のダブリンバスを使えば3.7€くらいで行けるんですよ。

それで行きたいんですよ!!

仕事見つからずはや4ヶ月…

こっちは切羽詰まってるんですよ!!!!!

 

ということで終ダブリンバスで行って空港で寝て待つことに。

国営のAer lingasのターミナルは1

これがね、このターミナルのゲートがね…

もう全然開かない。

空港に着いたのが確か00:30ごろ

ゲート中に入ってゆっくりしてようと思ったのにこれが空いたのが結局4時

全然寝れなかった…

 

ドイツに着いた時点で疲弊…

 

そして英語喋れない旅行者に降りかかる最初の難関、そう

入国審査!!!

フランクフルトの入国審査自体はとても空いていたので、よく考えずに綺麗なお姉さんのラインに並びました。

お姉さん「○×※■?」

えっ…

全然わかんない…

多分ドイツ語?かなと思ったんで

「…sorry?」って返したらお姉さん

 

マジでこんな漫画みたいなでっかいリアクションだった

ハア〜〜〜!!?

こっちもハアなんですけど!?!

 

「English」「more slowly」please したのだけど、

やっぱりめっちゃ早口で、もう寝不足、混乱の私は

〜これさえ言えれば完璧⭐︎入国審査で使える英会話♫〜

みたいので練習した単語をとりあえず言って見る作戦

「Sight seeing, 4days, solo travel」

 

そしたらお姉さん

(2回目!!!)

 

もう超疲れた…

そのあと無言で顎でクイって出口指されてパスポート返却されて終わった。

その顎クイは求めてねえわっての

 

久々に彼氏に会える〜♡とウキウキしていたのだけど、

ドイツ入国した時点でもうマジで心身ともに疲弊してた。

 

その後、無事ホテルについてゆっくりしてたんですけど、

バスタブ付きだったので、久しぶりに湯船に浸かれる〜!!とルンルンで入ってたのですよ。

外国に限らずホテルの水周りって使い方わかんないこともよくあるけど、

今回のはこういう⇩やつだった

それが、1日目はちゃんと回った栓抜き用の上記レバーが、

二日目はなんとも機能しなくなって…

力ずくで栓を抜こうとしたら、上部の平らなところだけ取れて、

こう、排水溝に栓の棒の部分だけ残った状態になってしまって

なんていうかもう、人間の力ではどうもできないことになってしまった、のですわ。

 

えっ…お風呂の栓、壊れた…とここで、

皆さんに使える

ティーミオの生きた英会話講座

・風呂の栓…The plug in the bathtub

 使用例 : お風呂のバスタブが壊れました

 「The plug in the bathtub is broken」

 

これでいつバスタブの栓が壊れても安心ですね。

 

ちゃんとチェックアウトの時に伝えて出たよ。

なんか請求されたらどうしようかと思ったけど大丈夫だった。

 

ちなみに前回苦戦したダブリンの入国審査は、

審査官「I believe you」(超笑顔)

でなんの書類も見せることなく通過しました。

ほんと、人によるよねー…

 

他にも、ドイツはスーパーマーケットが日曜は営業していなかったりとか、

(法律で禁じられているらしい。すごいよね)

ホテルの部屋で扇風機使ってたらカバーが飛んで行ったりだとか…

部屋のビールがすでに誰かに飲まれていたりとか…

色々あったけど、楽しい旅でした。

何より、遠いところ会いに来てくれた遼くんに多大なる感謝でした。

それだけでもうかなり満足だよねっていうか本当…もう…Thanks a lot… 😳 

 

今回も誤字脱字がありますがもう間違い探しだと思ってください。

以上!

ドイツブログでした〜!

またね〜!

美大を出て社会人辞めてダブリンに来ました。 留学前の英語レベルは小学生。This is a pen. 好きなタイプは秦基博。動物ならうさぎが一番好き。