語学学校ってなにをするところ?


443c8d0a22451b5d1c15397ee9488620_s

Hi, Yukaです。

日本では小学校、中学校と義務教育を経て、高校、大学へと進学をし自分が興味のある分野を学んでいきますよね。

それと同じように語学学校も同じ学校です。

イメージとしては、給食を食べて掃除をして帰る低学年の小学生のようなイメージですね。

語学学校によっては午後のみ、もしくは午前中から午後までみっちり授業というコースもありますが

午前中のみのコースはとても人気があり

午後は友人と遊んだり、その国の観光地を回ったり

放課後はその日の予習復習をしたりとゆったりと自分の時間を過ごしている人がたくさんいます。

 

もちろん学校なので宿題もテストもあります。

最初はクラス分けテストを行う語学学校がほとんどで

入学前にオンラインでの英語のテスト、到着後に簡単なテストと面接があったりします。

それにより英語力でレベル分けをされてクラスが分かれます。

さらに定期的にテストを行い、その時にあったクラスに上がったり下がったりする語学学校もあります。

宿題は単語を覚える、文章を覚えるというような単純なものではなく

次の日のプレゼンテーションの練習であったりと日本の学校と異なるところがたくさんあります。

 

語学学校では日本の学校のように淡々と授業が行われるのではなく

留学生同士でディスカッションをしたり、プレゼンテーションをしたり

座学ももちろんありますがなにより発言する機会がたくさんあります。

 

放課後や週末には、アクティビティを準備している学校もあります。

アクティビティは希望者を募って行われる勉強会やスポーツ、観光のことです。

語学学校によって無料のものも有料のものもあります。

毎日アクティビティが開催されている語学学校もありますし、

週に1回や2週間に1回行っている語学学校も存在します。

 

語学学校についてもっと詳しく知りたい!という方は

お気軽にお問い合わせくださいませ^^