アイルランドに着いたら


Hi Fujiです

アイルランドについた後に乗り越えなければいけないのが、
入国審査です。

最近はEU各国の入国が厳しくなってきており、
アイルランドも例外ではありません。

たとえば入国の航空券だけで帰りの分を買っていないと、
帰る意思がないとして入国させてくれないケースが多くなってきています。
そして強制帰国となると、パスポートにその記録が残るので、
次入国する時はより警戒されることになります。

さすがに帰りの航空券がないだけで
これから先まで入国できなくなってしまうのはリスクが高すぎるので、
帰国時の航空券は先に買っておくことをおすすめしています。

もしも帰国日が決まっていない、という場合は、
少し対策する必要があります。
正直に帰国日が決まっていないと答えてしまうとかなり怪しまれてしまいます。

受け答え

基本的には、2つの質問に対して確実に答えることができれば問題ありません。

・何のために来たのか
・いつアイルランドを出るのか

何のために来たのか、
については下手に細かく説明したり、嘘を言う必要はありません。
基本的には「Sightseeing」「Study English」など一言で答えれば十分です。

いつアイルランドを出るのか、
に関しては3ヶ月未満の人はさっと終わりますが、
3ヶ月以上の場合は『外国人登録をしなくてはならない』という説明を受けると思うので、
「I understood I should register if I stay more than 90 days.」
と答えてあげれば大丈夫です。

何日分のスタンプをもらえるかは、受け答えの仕方、審査する人によって異なります。
90日以上滞在したい場合は、押してもらった日数を越える前に外国人登録をしなければならないので気をつけましょう。

ここでもらえる最大の期間は90日です。
ここでもらえる期間が短くなると、
銀行口座を作ったり、外国人登録をしに行ったり、
とバタバタしなければならないためできるだけ90日でもらえるように受け答えしましょう。

IMG_4318

このような形で90日分をもらうことができればOKです。
日本国籍の人は90日までは特に申請せずに滞在することができますが、
それはこのように90日分もらえたらの場合です。

30日までしかもらうことができなかった場合は
もちろん30日経過するまでに外国人登録、期間延長をしなければ
不法滞在という形になってしまうので気をつけましょう。