無料留学One project~心に種まき~


こんにちは。Liliです。

日光はさわやかな晴れ。窓の外からは、ホーホケキョッ!!ピヨピヨ。と、なんとも優しい音。

 

私は、これまで4年間、子どもに英語を教えてきました。

いつも思っていたのは、「英語だけを教える先生にはなりたくない」ということ。

英語ができるようになったら何したい?世界で何したい?どこ行きたい?

など、

英語を通して世界に目を向けてもらいたい、と思っていました。

chikyuu

海外で活躍した人に、世界に興味を持ったきっかけを聞いてみると、

「小学生の時に・・・」とか「中学生の時に・・・」

とエピソードを話す人が多いです。

私もその一人。小学生の頃、旅行好きの先生がフィンランドにオーロラを観に行ったお土産に、

クラス全員にポストカードをプレゼントしてくれたんです。

thSMB7Z8GN

「わ、わわわー!ーきれー!!!」ととてつもなく感動したんです。

映っているオーロラもきれいでしたが、外国のものを手にするもの初めてで、とにかくワクワクしました。

 

そして、小学校5年生から英語を習い始めました。

教えてくれた先生が優しく育ててくれたので、

英語もすぐに好きになりました。

 

自分の心に、子どもの頃にまいてもらった

「世界って面白そう」「英語が好き」という気持ちの種が育ち、

子どもに英語を教えるという仕事につながっています。

 

私も、子どもたちの心に種をまいてあげられたらなって思ってます。

 

小さい教室でいい、子どもたちと丁寧に関わりながら、

「世界にでるととっても楽しいよ」というメッセージを、

押しつけるでもなく、優しく、自然に送り続けたいです。

私と関わった子が育ち、一人でも世界に出てくれたら、こんな嬉しいことはありません。

 

今回の海外行きは、「アイルランド留学」+「気ままに世界を巡る」という二つのテーマがあります。

アイルランド留学では英語教授法を学ぶので、「もっと子どもたちのためになりたい」という想いが一番強いです。

しかし気ままに世界を巡る旅の理由すべてが「子どもたちのため」というわけではありません。

好きな国を巡るということを自分がどうしてもやってみたかった、という理由が大きい。

 

でも、自分が「世界を楽しむ」経験も、必ず生かされると信じてます。

 

本やネット、誰かから聞いた情報を伝えるのではなく、

「経験」から世界の魅力を語ってくれる先生がいたら、私はそんな先生に教えてもらいたいな。

 

英語を教えるスキルを上げるために、そして世界を知るために。

今はあと三か月、バイトがんばります。

world_people_circle