ワーホリでおすすめな靴とは


1c9ea34d21efdb20cb59557b8aca14ce_s

日本と海外での生活で大きな違いの一つに靴文化(土足文化)があると思います。日本では靴を脱いで家のなかで生活しますが、海外では土足のまま生活する国も多いです。履き替えたりはしたとしても、日本人にとっては1日2日で慣れることができものではありません。旅行で数日間だけ、現地の生活文化に触れるだけであれば、土足文化もワクワクしながら体験できると思いますが、ワーホリともなれば半年以上の生活になるわけです。そうなると靴って意外と重要なのはわかっていただけるでしょうか。

メイン靴とサブ靴を用意しよう

メイン靴はその名の通り現地で履く靴のことです。選ぶ際のポイントとしては、履き慣れていること(足が痛くならないこと)です。現地に到着すると、空港や学校、家の周辺などなんだかんだですごい距離を歩き回ることになります。履きなれたスニーカーなどがいいです。また、サブ靴は先ほど述べた内履き用の靴です。クロックスなどのサンダルでもいいと思います。ただし、現地の気候によってはサンダルだと寒いこともあるので、気候も念頭に置いて決めてください。

2足までしか持っていかない

メイン靴とサブ靴の2足あればもう要りません。理由としては、荷物になることが1点目。そして、生活環境に慣れるまではスニーカーで十分であるからです。もちろん現地でおしゃれをすることもいいことだと思います。それであれば現地にあったおしゃれをすることをお勧めします。つまり、現地調達です。現地で必要な靴 を理解した上で手に入り、さらに靴選びは店員さんとのコミュニケーションが必要になるので、英語の勉強になります。

是非海外で思い出の靴を見つけてみてください^^

最近人気が高まっているアイルランドワーキングホリデーについてもしっかりとチェック♪