アップルがアイルランドで税優遇→6,000億円追加で支払い!?〜アイルランド留学最新ニュース〜


アイルランドはIT産業に国として非常に力をいれているため、IT系のニュースは多いですね。

REUTERS

apple

米アップル、アイルランド税優遇巡る追徴課税の3分の2を支払う

[ブリュッセル 2日 ロイター] – 米アップルは、欧州連合(EU)欧州委員会がアイルランドに命じていた同社への130億ユーロ(151億ドル)の追徴課税のうち、3分の2を支払った。1日遅くに規制当局に提出した報告書で明らかにした。

欧州委は2016年8月、アップルがアイルランドから税優遇措置という形で違法な補助を受けたと認定し、同政府に追徴課税で回収するよう指示。アップルとアイルランドは欧州委の判断に不服を申し立てて係争を続けているが、第三者が管理する「エスクロー勘定」へ仮払いすることで合意している。

アップルは四半期報告書で、6月30日時点でエスクロー勘定に45億ユーロを払い込み、その後に45億ユーロを追加で支払ったと明らかにした。

アイルランドは法人税がヨーロッパ諸国の中でも非常に低く、特にその中でもIT企業には特別な優遇をしているため、アップルだけでなく、amazonやMicrosoft、Twitterなど大手IT企業がアイルランドに拠点を持っています。そのため、IT系のバックグラウンドがある人からもワーキングホリデーの際には人気な国となっています。

今回はアップルがアイルランドから違法な形で優遇措置を受けていたと欧州連合委員会から認定を受けたニュースとなっています。それにしても45億ユーロ。。。つまり日本円にすると6,000億円ほど。。。追加で6,000億円支払いというのはすごいですね。。。イメージできません。6万円でも高いなと感じてしまいますが6,000億円ですよ。いつか6,000億円の支払いに関われるくらいビッグになりたいものです。

アイルランド無料留学相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考