【主要3都市のルームシェア滞在費用比較】アイルランド留学 ダブリン・コーク・ゴールウェイ


ダブリン、コーク、ゴールウェイ、3都市ルームシェア比較

アイルランドへ3ヶ月よりも長い期間でご留学される場合は、最初1〜3ヶ月をホームステイや寮で過ごし、その間にルームシェアを探し移る、という形が主流となっています。

なぜルームシェアに移るのかと言うと、ルームシェアのほうが費用を抑えることができるからです。
それではなぜ最初1〜3ヶ月はホームステイや寮なのかと言うと、ルームシェアに入るためにはViewing(ビューイング)という、既にその家に住んでいる人たちとの直接の顔合わせ、面接を経てからの入居になるため現地に行かないと基本的には確保ができないものとなっているからです。

田舎のほうが滞在費用は安い?見つけやすい?ダブリンのほうが高い?そんな疑問を解決していきましょう。弊社からの留学生様にはルームシェアを探す際にも実際にアイルランドにてルームシェアをしていた専任のスタッフがサポートさせて頂きますのでご安心ください。

今回はアイルランドでルームシェアを探す際に最も良く使われているdaftというサイトを参考に比較検討しています。

ダブリン、コーク、ゴールウェイのルームシェア事情・費用比較

ルームシェア比較 ダブリン コーク ゴールウェイ
掲載件数 1,586 153 115
最高値(€/月) 7,500 980 975
最安値(€/月) 100 135 280

どうでしょう。まず一番の違いはルームシェア掲載件数ですね。
ダブリンは首都ということもあり掲載件数は約1,500件ということで断トツですね。コーク、ゴールウェイは人口も減るため、家も少なく、ルームシェア件数はダブリンの10分の1ほどの約150件となっています。

また、月の家賃の最安値を比較してみましょう。ダブリン、コーク、ゴールウェイは3都市とも特に違いはなく、地方が大きく安くなっているわけではないということがわかります。

アイルランド3都市のルームシェアの違いはなに?

アイルランド-ホームステイ

ダブリン、コーク、ゴールウェイのルームシェアの違いとしては、その広さ、大きさが一番にあげられるかと思います。

ダブリンの主流はApartment share(アパートメントシェア), Flat share(フラットシェア)と呼ばれるものになっています。例えば3LDKのアパートに4人で住むというようなイメージです。
一方、コーク、ゴールウェイはHouse share(ハウスシェア)が主流となっており、一軒家をみんなでシェアしながら住む形となります。例えば大きな一軒家に10人で滞在、というようなイメージです。

それぞれにメリット、デメリットがあるため、どちらが良いということは言えませんが、費用面で言うと家賃に大きな差はありません。ただ、広さを考慮した上での家賃という意味で比較するとコーク、ゴールウェイのほうがお得、となるかと思われます。

アイルランド無料留学相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考