年代別アイルランド留学のメリット & デメリット


アイルランド留学を考える人は大学生もいれば、社会人、シニア、中学生、高校生、親子など様々な年代の方がいます。そしてそのメリット、デメリットは年代によっても異なります。自分がどの年代に属するかでしっかりとアイルランド留学のメリットだけでなく、デメリットも理解しましょう。

→社会人のアイルランド留学メリット・デメリット

アイルランド大学生留学のメリット

アイルランド大学生留学

・日本語を忘れて英語に集中

アイルランドは他の英語ネイティブ国と比べて圧倒的に日本人が少ないです。そのため日本語を使う必要も機会もほとんどなく、母国語である日本語を忘れて英語に集中することができます。周りに日本人が多い国ではなかなか実現しにくい環境です。
「留学失敗した」の原因1位は「日本人とばかりいて遊んでしまった」です。もちろん留学前は誰しも真面目に英語を習得しようと考えていますが、実際はなかなかうまくいかないことも多いのが実情。人生でそう何度もできない留学を失敗しないためにも日本人の少ないアイルランドで英語を集中習得してほしいです。

・他の人とは違う経験

アイルランドと言うとまだどこにあるかもしっかりとわからない人のほうが多いはずです。そんなアイルランドで英語を習得する経験というのは他の一般的に人気な国へ留学するのと一味も二味も違ってきます。日本人がいない、ヨーロッパ、南米、世界中から集まる仲間の中に1人日本人のあなたがいるという経験はきっと生涯忘れられないものになるはずです。

・就職活動で有利

就職活動でよくあるのは「サークルの代表でした」のようなものですよね。多くの人が似たようなことを言うので聞いている面接官も「またか」と思っているようです。それは留学に関しても同じで、多くの人は留学で英語力をつけているのでただ単に「留学に行った」と言っても「またか」となってしまいます。それが人気国なら尚更のことです。
アイルランドならどうでしょう。確実に面接官から「なんでアイルランドを選んだの?」という質問が飛んできます。英語力だけでなく、アイルランドでの経験はあなたに個性という強みを与えてくれるはずです。

・ヨーロッパ中の国を周遊

ヨーロッパ最大の格安航空LCCであるRyan airは実はアイルランドの会社。アイルランドから格安でヨーロッパ各国へ旅することができます。往復で1万円もしないこともあるほどです。ヨーロッパの国々を巡ることによって多様な経験を積むことができるはずです。

アイルランド大学生留学のデメリット

・さみしい

これがアイルランドのメリットでもあるのですが、本当になかなか街中でも日本人と出会うこともないのでかなりさみしいです。ホームシックになりやすい人は注意をしてください。最近は技術の発展でLINEやSkypeなどでネットさえ繋がっていれば無料で通話できるので過ごしやすくなっているのでそこまでは心配はいらないとは思いますが、実際ホームシックを感じる人は少なくありません。

・観光スポットはそれほど多くない

観光もしたい!という要望を持っている人も多いですが、アイルランドはとても小さい国で人気国と比べるとそれほど観光スポットは多くないのです。その代わり格安航空Ryan airで他の国へ簡単に訪れることができるというメリットがあるので、アイルランドではしっかりと英語力を上げることに集中して、観光はヨーロッパ各国を巡る、という計画がおすすめです。

アイルランドシニア留学のメリット

アイルランドシニア留学

・日本人大学生が少ない

日本人大学生とシニアの方では話す話題も英語のスピードもまるで違います。そのため留学人気国ではシニアの方の入学を制限したり、シニアの方用のクラスを設けているところが多くなっています。
アイルランドではそもそも日本人大学生が少ないためそのような居心地の悪さはあまりなく、社会人が中心の語学学校もあるので安心して学ぶことができます。

・自然が多い

日本のようなビルがたくさんある風景ではなく、ダブリンなどの都心であっても少しあるけば自然豊かな公園がたくさんあります。日本での慌ただしい日常を忘れてゆっくりと落ち着いて過ごすことができます。

アイルランドシニア留学のデメリット

・日本人がほとんどいない

これがアイルランドのメリットでもありますが、デメリットと感じる人もいます。日本人がほとんどいないため、何か困ったことがあった際に相談できる相手がなかなか見つからない、ということがあります。高齢の方の場合、相談を必要とすることが比較的多いため、心細さを感じてしまうことがあります。アイルランド留学DRIVEは24時間体制で連絡対応をしています。そして現地にもスタッフもいるので気軽に何かあれば気軽に聞いてください。

・日本食材スーパーが少ない

高齢の方になると日本食をより好む傾向にあります。日本食レストランはたくさんありますが、日本食材を扱っているスーパーはそれほど多くありません。そのため和風な食材が手に入りにくいということがあるので、前もってインスタントの味噌汁などを持っていくのがおすすめです。

シニア留学の気になる疑問、質問を確認

アイルランドエンジニア・SE・プログラミング留学のメリット

アイルランドエンジニアSEプログラミング留学

・著名なIT企業が集結

アイルランドは国としてITが企業を世界中から誘致していることもあり、facebook, twitter, Microsoft, Google, UVER, Amazonなどなど世界的ITが企業が集まっており第2のシリコンバレーと呼ばれているほどです。もちろんインターンや働くチャンスもあります。このようなITが先進国で学べることも嬉しいですが、仕事として実践できるチャンスが多いのはさらに嬉しいですね。

・やり取りはほとんど外国人

エンジニアとして働く場合、それが日本であっても外国人とやり取りする機会が非常に多くなっています。つまりIT知識だけでなく、英語、そして外国人と円滑にコミュニケーションを取る力が求められます。
アイルランドはほとんど日本人がいない国で、ヨーロッパ、南米からの留学生がメインとなっています。そのような環境は無理矢理にでも英語でのコミュニケーション能力を向上させることができます。

アイルランドエンジニア留学のデメリット

・仕事は争奪戦

他の一般的な留学国であれば日本人を従業員として受け入れたことがある会社もある程度ありますが、アイルランドにはそのような会社がほとんどありません。会社にとってまったく雇ったことがない国籍の人を雇うのはなかなか勇気がいることなんです。そのため技術を身につけた後、簡単に仕事が取れるというわけではなく、他の国以上に奮闘する必要があります。

アイルランド親子留学のメリット

アイルランド親子留学

・大自然の中で他にはない国際体験

日本はビル群が立ち並んでいるような風景がよくありますが、アイルランドでは豊富な自然が広がっています。乗馬もできればゴルフやダイビングもできます。英語を経験するだけでなく、親子でこのような思い出を作れることが一番のメリットと言えます。

・日本人に囲まれていた生活から、外国人に囲まれる生活へ

アイルランドにはほとんど日本人がいません。日本で日本人と一緒に過ごしていたような生活とはまるで違います。子供の時からそのような国際経験を積める機会は日本にいてはまずないはず。この経験は子供の将来のための大きな資産になるはずです。

アイルランド親子留学のデメリット

・時差、飛行機の時間が長い

アイルランドと日本の時差は8時間。かなりの時差があるため子供にとってはなかなかつらいかもしれません。そして飛行機の時間は長いと20時間以上もかかってしまいます。オーストラリアやフィリピンなど日本の近くの留学国と比べるとこの点はデメリットと言えます。

アイルランド中学・高校留学のメリット

アイルランド中学高校留学

・他の人とは被らない経験

一般的な国への留学とは違い、アイルランドでの経験はめったに他の人と被ることはないでしょう。あなた独自の経験を得ることができるはずです。英語だけでなく、その国での経験があなたを作っていきます。ありふれたものになるか、特別なものになるかはあなた次第です。

・日本人がいない

アイルランドにはほとんど日本人がいませんが、中学、高校生になるとその数はさらに減ります。同じ年代の日本人をアイルランドで見つけるのは非常に難しいはずです。つまり自分以外はアイルランド人をはじめとする全員外国人です。日本でこんな経験を得ることはまずできないでしょう。そして一般的な留学国では日本人は想像している以上にいます。ここがアイルランドのメリットです。

・教育の質が高い

アイルランドの教育水準はヨーロッパ各国の中でも1,2を争うほどの高水準です。特にITに関する教育は他を寄せ付けません。それもそのはずで、アイルランドという国自体がIT企業から世界中から誘致しているためです。facebook、twitter,Microsoft、Amazon、Googleなどなど。日本よりもITに力を入れているアイルランドで学べる経験は一生の資産になるはずです。

アイルランド中学・高校留学のデメリット

・ホームシックになりやすい

アイルランドには本当に日本人がなかなかいないため「日本に帰りたい」というホームシックになりやすい傾向にあります。他の一般的な留学国であれば、日本人の友達も現地でできるはずです。覚悟を持ってアイルランド中学・高校留学を決める必要があります。

無料留学相談
六本木オフィスでの直接カウンセリングも可能です。

名前

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

電話番号

生年月日

住所

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考