社会人のためのアイルランド留学


社会人のあなたがアイルランドへ留学するメリット、そしてデメリットとは何があるのだろうか。

アイルランド社会人留学

アイルランド社会人留学のメリット

・日本人大学生が少ない

この点を気にする人は少なくない。要するに大学生ばかりの中に混ざって留学はしにくい、ということだ。
アメリカやフィリピンなど人気留学国の場合はほとんどの場合日本人大学生ばかりだ。もちろん日本以外の韓国、中国からもほとんどが大学生である。そんな中で社会人のあなたは居心地をあまりよく感じないかもしれない。社会人の方は大学生の方よりも真剣に英語を習得しようと覚悟を決めている傾向がある。その意識の差に居心地の悪さを感じてしまうことがあるのだ。
一方でアイルランドはと言うと、日本人大学生がほとんどいない。日本社会人の割合が他の国に比べて多い傾向にある。「日本人大学生がいない→社会人の方が留学に集中できる→社会人留学増える」という流れだ。

・他の人と経験が被らない

これはアイルランドというまだ日本ではそれほど注目をまだ浴びていない国に留学するということがただの留学という経験ではなく、他の人とは違うユニークな経験になるということだ。せっかく会社を休む、退職するのだから普通ではない特別な経験にしたい、と考える社会人の方が少なくない。英語を習得するだけでなく、豊富な経験を得ることができる。

アイルランド社会人留学のデメリット

・アイルランド留学の良さはまだまだ理解されていない

これはアイルランドという国への留学が日本ではまだあまりポピュラーではないため、アイルランドへ留学に行ったと話しても「アイルランド、、、どこ?」のような反応がよく起こってしまう。社会人の方の場合は社内昇進、転職のために英語力をつけたいということが多い。もちろん転職面接の際には「なぜアイルランドを選んだのか」という質問が飛んで来るはずだ。「アイルランドはこういう国で、だからアイルランドを選んだんだ」ということをきちんと自分で説明しなければならない。相手がアイルランドについてちゃんとわかっていてくれることはほとんどない。
これがアメリカやカナダであれば既に日本人の多くが留学に行っており、その国で英語を学ぶことについて理解されている場合が多い。
確実に「なぜアイルランドを選んだのか」という質問が飛んでくることによって返答をしっかりと考えアピールしやすいということでメリットとして考える人も少なくない。

・日本とのミーティングがとてもしにくい

日本での仕事もリモートでしながらアイルランドへ留学する人も少なくない。そんな中、日本とミーティングをセットするのはなかなか大変だ。というのも時差が8時間あるので10〜18時のビジネスアワーが日本とアイルランドでは一切被らないのだ。日本のビジネスアワーが終わる時間にアイルランドでは始まるというイメージだ。そのためミーティングをセットするには日本側が遅くまで会社にいるか、アイルランド側が深夜に起きるか、という対応をしなくてはならない。

社会人留学Topics

社会人留学のキャリア

アートなアイルランド社会人留学

アイルランド社会人留学の説明会

アイルランド社会人留学生のブログ

社会人留学のための休職について

短期社会人留学はあまり多くない?

社会人留学のその後

社会人留学の休職、退職のタイミング

社会人留学での家族の心配

アイルランド社会人留学カウンセリング

アイルランド社会人留学のデッドライン

社会人留学を考える人の最初の英語力

アイルランド社会人留学に人気のインターン

アイルランド社会人留学の奨学金

アイルランド社会人留学は費用よりも質に着目

アイルランドの社会人留学が人気?

無料留学相談
六本木オフィスでの直接カウンセリングも可能です。

名前

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

電話番号

生年月日

住所

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考