アイルランドで車を運転する方へ〜国際免許証取得〜


海外で車の運転する際には、日本の運転免許証ではなくて、国際免許証が必要になります。

もちろんアイルランドへ留学する予定の方や、ワーキングホリデーの予定の方も必ずチェックしておきましょう。アイルランドは日本に比べると電車が少なく、ダブリンであっても南北、東西に走るRuasと海沿いと走るDartのみ。もちろんバスはあちこち走っていますが、車の運転ができた方が便利だとお感じる方も多いです。アイルランドで車を運転してみようという方はご参照ください!

国際運転免許証とは

国際免許証とは、日本が加盟しているジュネーブ条約に基づいて各都道府県の公安委員会が発行するもの。条約の加盟国がそれぞれの国で発行された国際免許証を認めるもの。有効な国際免許証を持っていれば、海外で車の運転をすることができます。国内の免許証の有効期限が1年未満の場合は国際免許証の発行を受けることができません。詳しくは、各都道府県警察署へお問い合わせください。

有効期限

国際免許証の有効期限は、1年です。海外への滞在が1年以下の方は国際免許証を取得していれば海外での運転には問題ありません。

取得方法

国際免許証の申請を受け付ける窓口は、各都道府県警察署の運転免許課や運転免許センター、運転免許試験場になります。警察署で発行の場合、2週間程度かかる場合がありますので、注意してください。

国際免許証の有効な国

アジア インド、大韓民国、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、バングラデシュ、フィリピン、マレーシア、ラオス
中近東 アラブ首長国連邦、イスラエル、キプロス、シリア、トルコ、ヨルダン、レバノン
大洋州 オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、パプアニューギニア
アフリカ アルジェリア、ウガンダ、エジプト、ガーナ、コンゴ共和国、コートジボアール、コンゴ民主共和国(旧ザイール)、シエラレオネ、ジンバブエ、セネガル、中央アフリカ、チュニジア、トーゴ、ナミビア、ニジェール、ベナン、ボツワナ、マダガスカル、マラウイ、マリ、南アフリカ、モロッコ、ルワンダ、レソト
ヨーロッパ アイルランド、アイスランド、アルバニア、イタリア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、キルギス、グルジア、イギリス、サンマリノ、スウェーデン、スペイン、スロバキア、セルビア、チェコ、デンマーク、ノルウェー、バチカン、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、モナコ、モンテネグロ、ルクセンブルク、ルーマニア、ロシア
北、中、南アメリカ アメリカ、カナダ、キューバ、グアテマラ、ジャマイカ、ドミニカ、トリニダード・トバゴ、ハイチ、アルゼンチン、エクアドル、チリ、パラグアイ、バルバドス、ベネズエラ、ペルー
その他 香港特別行政区、マカオ特別行政区

国や地域によっては、車がないと生活が困難な所は多く存在しますので、生活予定の環境を確認していただいて、必要に応じて免許証の発行しておきましょう。

都道府県によって、発行について異なる場合がありますので、必ず地元の警察署の運転免許課へ一度お問い合わせください。発行自体は1日ですぐに発行されるはずです。

アイルランドで免許証を取得する場合

ワーキングホリデーの後に学生ビザで滞在をされる方や、お仕事などで1年以上海外で生活される場合の方は、アイルランドの試験を受けて免許を取得する必要があります。アイルランドの免許取得はNational Driver Licence Centre(NDLC)宛てに申請を行うこととなります。長期滞在する場合にアイルランドの免許証を取得する際、必要になる書類はこちらです。(実際の申請時は申請先へお確かめください。)アイルランドの免許証を取得する場合、一旦日本の免許証は剥奪され大使館へ返還されます。無事返還された後、大使館から名義人への通知があります。

申請書:Application Form for a Driving Licence
日本の運転免許証
日本大使館発行の抜粋証明書
身分証明書(旅券等)
滞在資格を証明するもの(GNIBカード等)
PPSナンバーを証明するもの(PPSナンバーが記載された公的書類、給料明細等)
住所を証明するもの(6ヶ月以内に発行された公共料金請求書や残高証明書等)
視力診断書:Driving Licence Eyesight Report Form
 次の書類が場合により要求されることもあります。
医師の診断書:Driving Licence Medical Report Form
申請料:55ユーロ

抜粋証明書とは、日本の免許証のうち必要な部分が英訳されたものをいいます。申請書や診断書のフォームはNDLCのウェブサイトからダウンロードすることが可能。他にも書類が必要になる場合などもあります。実際に申請される方はしっかり確認しておきましょう。

アイルランド無料留学相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考