かずのアイルランド体験談(1年間)


プロフィール

名前

宮嶋 一浩

ニックネーム

かず

年齢

21

留学先

アイルランド&イギリス

学校

Centre of English Studies(アイルランド)、Rose of York(イギリス)

留学前意気込み

なぜ留学をしようと思ったか。

僕は高校の頃、海外の大学に進学しようと思っていましたが、結局不安になり日本の大学に進学しようと決めました。そこで、大学在学中に短期のアメリカの留学があることを知り、前から留学をしてみたかったので、そこに参加しました。参加したのは二回生の夏休みでしたので大学受験が終わり時間が経っていたので英語力はほとんどない状態で参加しました。ですが日本の仲間と一緒に行ったのでほとんど喋れなくても困ることはありませんでした。その代わり英語はあまり上達することはなく短期留学が終わってしまいました。その短期留学が終了し、もう一度ちゃんと英語を学びに留学したいと思い、一年間大学を休学して、語学留学しようと考えました。また、自分は大学で理系の分野を勉強していまして、海外での経験は日本の就職にも少しは有利になると思い決心しました。

どんな留学にしていきたいか。

僕はアイルランドに半年、イギリスに半年ほど留学するのですが、最初に行くアイルランドは日本人が比較的少なく、日本語に触れる機会を減らせると思い、早いスピードで英語を上達させようと思いアイルランドという国を選びました。まずは、アイルランドで英語をとことん勉強して、それとともに海外での違う文化、習慣、雰囲気に触れ自分の価値観を広げたいと思っています。また、余裕が出てきたらアルバイトも探し、働きながら英語を上達させようと思っています。また、アイルランドの次のイギリスは日本人がアイルランドに比べたら比較的多いと思うのでアイルランドと同様に日本語に触れる機会を少なくするように努力をしたいと思います。そして、一年間の留学が終わり、いろいろなものを得たり、自分の価値観の視野を広げたり、行動力のある人に成長したいと思っています。

語学学校卒業後

留学中一番の思い出

一番の思い出は正直にいうとDublinでの生活全てです。まず、最初のクラス分けのテストでspeakingのテストがなかったため中間より上のレベルに入ってしまい、物凄くストレスを感じていました。ですが、いまでも一番の友達なのですがトルコ人と出会いその人に会話の練習を手伝ってもらい、どうにか英語になれることができました。これは本当に大変でした。
そのトルコ人の友達とヒッチハイクで違う街に行ったりもしました。あれは物凄くいい体験でした。その後も色々と友達ができていき、色々な国のアクセントも分かりいい経験です。
そして、Dublinで何を一番したかというと、もちろん一番は英語の勉強何ですが、その次がお酒を飲むことです。友達と飲みに行くことでspeakingの勉強にもなりますし、irelandの人は本当に親切なのですぐ会話が始ったりと DublinのPubは本当にお勧めです。そして、お酒が本当に美味しいです。
最後に6ヶ月の時間を過ごして、まだまだ全然ですが最初が致命的でしたので自分の英語力は最初に比べたら物凄く上達したかなと思います。また、いまでは日常生活はほとんど困らなくなり、上達は実感しています。

留学経験を今後どのように活かしていきたいか

自分はDublinに来る前はシャイな部分もあり、英語を喋るのも恥ずかしい感じもありました。ですが、留学を通して英語で喋ることがこんなに楽しいのかと言うことに気づき、自分の性格も変わりました。そしてDublinで6ヶ月の留学を終えて、これからはLondonに次は5ヶ月ほど留学します。まだまだ英語はダメなので残りの留学期間でさらに上達したいと思っています。また、自分は大学を一年間休学してきて、自分の専攻は工学部電気電子工学科なので大学院のことを考えた時、海外の大学院でもいいなと思うようになりました。
また、将来も英語を使う機会がある仕事に就けたらなと思います。
端的に言うと、この留学生活で自分の価値観や人間そのものが変わりました。

無料留学相談
六本木オフィスでの直接カウンセリングも可能です。

名前

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

電話番号

生年月日

住所

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考