アイルランド留学の物価・食費〜留学Driveスタッフの実際のアイルランドでの食費例

Hi Fujiです

なかなか出発前だと現地の生活費用ってイメージしにくいですよね。どっかには高いと書いてあったり、どっかには安いと書いてあったり。。。

ということで、僕が実際に普段買っているものを簡単に紹介するので参考にしてください。

結論から先に書いてしまえば、スーパーなどで食材を買い、自炊ができれば、日本と同じように、もしくはそれよりも費用を抑えて生活することは普通にできます。
どうしてもヨーロッパなので外食が高いので、その点だけ気をつけてもらえれば長期滞在も不安はありません。

各国の物価ランキング比較

Mercerというコンサルティングファームが世界物価ランキングというものを発表しています。

東京が11位にランクインしているので、これと他の留学国を比較してみましょう!

留学費用はもちろんですが物価が高いと現地での生活費や交通費など出費が多くかかるため、気になるポイントです。

東京との物価の比較

たとえばオーストラリアの順位は31位、アメリカのニューヨークは16位、イギリスのロンドンは12位というような結果となっており、東京と比較するとどこも物価的には低くなるイメージですが、まだ少し高い気もします。

アイルランドのダブリンは49位、ニュージーランドのオークランドになると61位となっており、ここまでくると東京と比較してもかなり低くなりますね!

最近では、イギリスのビザが厳しくなっていることと物価の高さを受けて、すぐ隣の国アイルランドへ留学する人が各国から増えてきています。

メインは物価が安いアイルランドで過ごし、休日や観光でイギリスに行くというのが賢い人の間でよく使われています。メインの滞在国をアイルランドにすると通貨もユーロのまま他のヨーロッパ諸国を旅行できるので便利ですね。イギリスだとポンドになってしまうので、2重で両替する必要が出てきてしまいます。

近くのコンビニ

街中にはcentraやsparという名の小さいコンビニのようなお店がいくつもあります。

IMG_4353

よく置いてあるのがサンドイッチです。
安いもので€2、高くても€4くらいなので日本とあまり変わらないですね。

IMG_4354

そして日本のコンビニと違うのが、パン屋さんのようにパンやスコーン、デニッシュなどが売られています。アイルランドに限らずヨーロッパのパンはほんと安くておいしいです。パンは大体€0.5〜2くらいです。安くて大きくておいしいです。パンが好きな人にはなかなかたまらない国だと思います。僕はパンが嫌いなんです。ぱさぱさして体中の水分が吸い取られる感じがするんです。
そんな僕でも、ヨーロッパのパンはとってもおいしく味わっています。

IMG_4355

Stephen’s green shopping centre

IMG_4344

ここはオフィスの近くにあるのでよく行くスーパーです。食材に限らず色んなものが売っています。値段で言うと中くらいのスーパーです。

このショッピングセンターにdunnesという食材売り場があります。

IMG_4339

ここの地下が食材売り場になります。よくここで買い物をするのですが、食材に関して言えば、いっつもサンドイッチとバナナばかり買っています。
バナナは1kgで€1.25で、大体この写真の1つが1kgぐらいです。バナナ、とってもお得です。コンビニで買うと高いので注意してください。

IMG_4340

そしてサンドイッチですね。

IMG_4341

やはりここでも高くても€4ほどで大きいたっぷりのサンドイッチが買えます。

アイルランドの100円ショップ

日本ではダイソーなどの100円ショップが人気があり、とても便利ですよね!アイルランドにも似たようなお店があります!それが『EURO GIANT』です!
道を歩くと結構見かけます。

アイルランドの100円ショップ

中は日本のダイソーとあまり変わりません。雑貨から食品まで幅広く取り扱っています。

アイルランドの100円ショップ店内

アイルランドの100円ショップ店内2

このようにいろいろ売っています!そして写真をよく見ている人は気づいているかも知れませんが、1ユーロじゃないものもたくさんあります!

日本への手紙を書くことが多いので、今日は封筒を買いました。

ire pic by yuhi_2330

封筒は50個で1.5ユーロでした。EURO GIANTはいたるところにあるので、100円ショップというよりはコンビニに近いですね。スーパーで買ったほうが安いですが、便利さに負けて買ってしまいました。

なにか雑貨やお菓子がちょっとほしくなった時には利用してみてください。

TESCO

つぎに紹介したいのは『TESCO』というスーパーです!アイルランドではよくある有名なスーパーです。

この前、よく行くジムのそばにTESCOがあったので行ってきました。

IMG_4387

ちょっとですね、夜に行ったので写真がわかりにくいですが、確かによく見ると『TESCO』と書かれています!

中に入るとですね、ほんとに普通のスーパーです。

IMG_4388

野菜売り場があったり、

IMG_4389

チーズなどの加工品が売ってあったり、とってもいろんな商品が売られており、もちろんコンビニなどよりも安いため、まとめてここで買い物をするのも費用を抑えるためにおすすめです!

もちろんこのスーパーにもコンビニ同様パンが売られていますが、なんと!安い!

IMG_4390

何て言うんでしょう。正式名称はわからないですが、レーズンが練り込まれているデニッシュのようなアレです!コンビニで売られている価格は半額ではないですか!コンビニでさえ安いと感じたパンが、スーパーだと爆安です!ヨーロッパのパンは味がいいのでとっても満足です。個人的には日本で売られているパンよりもアイルランドのほうが断然好きです。

何も買わないはずが、思わず買ってしまいました。平均の僕の食費は1日€5もかかっていないですね。

IMG_4995

これはお肉売り場です。チキンまるごと4ユーロ、つまり500円くらいで売られています。ちなみに冷凍だともっと安いです。こういう大量のお肉をルームシェア仲間と買って一緒に食べることが多いです。

アイルランド留学中、ランチできっとよく食べることになるサンドイッチ

アイルランド留学Driveスタッフのオススメ2店舗

  1. 1.DUNNESのChicken Baguette
  2. 2.CostcutterのChicken Fillet Baguette

節約しなければならない人にとってはとてつもなく重要な3ワードは「美味い」「安い」「早い」です。イギリスと比べると物価の低いアイルランドですが、それでもやはり節約できるなら節約したいですよね。かつ、できれば美味しい方がいいですよね!?いかに食費を抑えることができるのか。これは留学の際に非常に大切なテーマです。高い外食ばかりしているとお金は一瞬でなくなってしまいます。かといって自炊もなかなか面倒。そんなわがままさんはアイルランドで今回ご紹介するサンドイッチを食べれば間違い無し!!

それでは早速、最近よく通っているMy best サンドイッチをお伝えしましょう!

DUNNES

アイルランドにいくつもある大型のスーパーなので、アイルランド留学に行く人は必ず利用するスーパーです。アイルランドのスーパーやコンビニでは、その場でサンドイッチを作っているところが多いです。そしてDUNNESはその中でも、とっても美味しく!とってもリーズナブルなんです!

Chicken Baguette

その名もチキンバゲットです。DUNNESに入るとショーケースで囲まれた調理場があります。

アイルランドおいしい食事サンドイッチ

ここに進み、

「Chicken Baguette, please」

と伝えましょう。そうすると、

「White or Brown?」

とパンの種類を聞かれます。普通の白いパンか、全粒粉パンか、好きな方を選んだ後に

「Mayonaise or Butter?」

と聞かれます。マヨネーズを塗るのか、バターがいいのか、ということですね。ちなみにMayonaiseの発音は「マヨネーズ」ではなく「メイヨネーズ」です。

その後に野菜を2種類選ぶことができます。慣れない場合は、「Tomato and onion」トマトとオニオンで頼んでおきましょう。

最後に半分にカットするかを聞かれ、出来上がり!持ち帰れるように紙で包んで渡してくれます。

アイルランド絶品サンドイッチ

出来上がりはこんな感じ!溢れんばかりとチキンが挟まれています。

一口食べると、ジューシーかつ衣のスパイス&ハーブがたまらないハーモニーを奏でています!それをさらに強めるかのようにフレッシュなオニオンの酸味、トマトのフレッシュさ。。。音楽の国だけあって、食べ終わった頃にはオーケストラの上演を1つ楽しんだかのような幸福感に包まれます。

東京フィルハーモニー交響楽団のチケットを見てみると1番安い席で4000円もするのですね。このオーケストラサンドイッチはなんと2.45EUR、約350円!!やすい!安すぎる!

アイルランドのスーパーのジュース

アイルランドのスーパーのジュース2

ジュースはやはり大きいスーパーの方が安いですね!スプライト2Lで1.14ユーロ。ジュースがないと仕事ができないタイプなので買っちゃいます。

アイルランドのスーパーの時間帯

スーパーの営業時間帯です。朝のスタートが平日は7時ということで、日本よりもだいぶ早いのが特徴ですね。朝ごはんをここのサンドイッチを食べるという人が多いです。

スーパーを出るとアイルランドでは有名な日本食屋さん『YAMAMORI』があります。

アイルランドの日本食屋YAMAMORI

きっとアイルランドでは一番有名な日本食屋さんじゃないでしょうか?日本人にも現地の人々にも人気なレストランです。

続いてはこちらのお店!

Costcutter

アイルランド安いスーパー

アイルランドのコンビニではよくその場でサンドイッチを作ってくれます。『DUNNES』で作ってくれるのは2.45ユーロのサンドイッチでした。ところが、costcutterは2ユーロ!!ということで安すぎて微妙なんじゃないかと思って頼んだことはなかったのですが、DUNNESに歩いて行くのも面倒だったので行ってみました。

「0.45ユーロしか変わらないじゃないか」そんなことを思ってはいけませんよ。異国にいるとついつい旅行、観光気分で散財してしまいがちです。私のように必要のないTシャツやマグカップをついつい買いがちです。気をつけましょう。

Chicken Fillet Baguette

商品名は『Chicken Fillet Baguette』です。DUNNESではChicken Baguetteだったので、Filletの部分だけ違いますね。店員さんに「Chicken Fillet Baguette, please」と伝えます。ここでもマヨネーズかバターを選べます。野菜はレタスとトマトのみで、それを入れるかどうかだけ聞かれます。そこにカットされたチキンが挟まれていきます。なかなか満足できる感じの量が挟まれていきます!

出来上がりはこちら!

アイルランドサンドイッチ

さすがにDUNNESよりも少し安いだけあってよりシンプルな見た目です。

DUNNESと違ってハーブなどが入っていないシンプルなチキンです。一口に食べてみると、、、うまい!!これで2ユーロ!?確かにハーブのスパイスがあるDUNNESの方がチキンレベルは高いですが、レタスもトマトも新鮮で、シンプルなチキンとの相性ば抜群です。
ただ一言、うまい。。。

DUNNESと比べると0.5ユーロほど、70円くらいの節約にしかならないですが、僕はほぼ毎日サンドイッチを食べているのでちりも積もれば相当の山になります。留学に行ったはいいもののお金がなくなってしまい帰国なんてことでは目も当てられません。

アイルランドコンビニ入り口

入るとまずコピー機がお出迎えしてくれます。1枚10セントということで、日本とあまり変わらないですね。

アイルランドコンビニのカップケーキ

カップケーキが2ユーロほどで、これは普通ですね。

アイルランドコンビニのジュース

ジュースが2リットルで3ユーロということで、ちょっと高いですね。

アイルランドコンビニのローストビーフ

ローストビーフも売ってるんですね。なかなか豪華ですね。

アイルランドの1ユーロのローストビーフ

なんと、ローストビーフが1ユーロ。。。

1ユーロ!?!?!?

やすい!!!!どんだけcost cut!?

カップケーキが2ユーロで、ローストビーフが1ユーロ!?

なんだかよくわからないですが、企業努力を感じてしまいます!

あ、賞味期限が今日までということですね!
大丈夫です!買います!買わせてください!

ということで、ローストビーフと4本で2ユーロのパンを買いました!

アイルランドのコンビニで買ったもの

お米・ご飯が食べたくなったとき

やはり日本人なので、「お米がなんだか無性に食べたい!」そんなときもあるんじゃないかと思います。パッと思いつくのば「サトウのごはん」ですよね。

サトウのごはん

普通のスーパーではもちろん売っていません。日本食品を扱っているスーパーもあるのですが、異常な高さなので買いません。ということで、これをEMSなどで送ってもらおうと考えたのですが、これはインスタントラーメンと比べ物にならないくらい重くなります。EMSは基本的に重量で送料が決まるので、サトウのごはんなんかをいっぱい入れたら送料が大変なことになります。

なので、日本からお米系を送ってもらう場合は、水分が含まれていないものを選んだほうがいいです。食べる前に水を入れて電子レンジに入れると出来上がるみたいなやつですね。

アイルランドインスタントご飯

アイルランドでは有名なんです。直訳するとベンおじさんのご飯ということですね。ただのご飯ではなくチャーハンということで思わず手に取ってしまいました。

アイルランドインスタントご飯2

そして大手スーパーTESCOが出している白いご飯がこちら。BASMATIと大きく書かれていますが、これはインド産の細いお米という意味です。こっちにあるお米はほとんどこのBASMATIです。

どっちも2食分なので、合計4食分なのですが、ベンおじさんが2.5ユーロ、TESCOが1ユーロということで1食分が1ユーロもしません。
や、安い。。。

同じ保存食コーナーに魚の缶詰がたくさんあります。北欧はサーモンが有名ですね。ヨーロッパは全体的に海鮮が美味しいイメージがあるのでいくつかピックアップしてみました。

アイルランド缶詰

ツナが2ユーロであとの缶詰はどちらも1ユーロほどでした。

お米系は水をちょこちょこっと入れてレンジで2分チンすれば完成だそうです!ということで作ってみました!

ベンおじさんのチャーハンです。見た目は完全に普通の美味しそうなチャーハンです!香りはインド米の特有のスパイスというか、インドっぽい匂いを漂わせています。まあ、特別おいしくもなく、まずくもなく、ほどほどのお値段相当のお米でした。

手軽に家でもどうしてもお米、ご飯を食べたいときには用意しておくと便利です。

アイルランド留学で節約したい・自炊するのが面倒な時に助かるアイルランドの冷凍食品

IMG_4675

そうです。カレーです!もちろんお米つき!量もなかなかずっしりです。カレーの冷凍食品というのは日本では見たことないですが、いくらくらいだろうと見てみると。。。

1.29ユーロ

約150円ほど。
安い!!!

インスタントのお米だけで1ユーロで売られていましたが、今度はカレーがついて1.29ユーロ!!どうなってるんだアイルランド!!

あまりのお米食べたさに即購入。早速開封してみました。

IMG_4676

開封するとこんな感じで、フィルムがされています。
驚くことに、インド米ではなく、日本のお米にかなり近いものが使われています!これは期待できます!!
カレーの方はどうなのでしょう。若干チキンがあまり入ってないように見えます。。。ドキドキ。
そんなことを考えてもドキドキしてもチキンは増えないので、とりあえずチンしましょう!

IMG_4677

出来上がったのがこちらです!!
なんとなんと、スプーンですくってみるとチキンがゴロゴロ入っているではないですか!
味は中辛という感じで、辛すぎず、甘すぎずスタンダードな味付けになっています。

うまい。。。うまいぞカレー!!

これだけで普通にお腹は満たされました。
150円。。。

コスパの高さに驚かされます。日本よりもぜんぜん節約しようと思えばできてしまいます。そして安いだけでなく、うまい。。。

レストランでのおいしいアイリッシュ料理もいいですが、節約しなきゃ、というときは食べてみてください。

おまけ:アイルランドのジムの費用

やっぱりですねー、海外にいて思うのは男達が屈強すぎますね。筋肉がすごいですよね。

オフィスで仕事しているばかりでもあれなのでジムに行くことにしました!

FLYEfit

今回紹介したいのがこのフライフィットと言われるジムです!
友人やオフィスの受付のお姉さんまで行っている割と人気のジムです。

なにが良いのかというと、安いです!

いま日本で流行っているのはRIZAPですね。RIZAPの料金を見てみると、入会金5万円、コース料金298,000円で2ヶ月

FLYEfitは爆安です。
なんと1ヶ月€29!1€135円とすると、約3900円!
これで24時間いつでも行ってOK!
コスパが半端ないですね!
年間契約だともっとお得になります!

現在は5カ所にあるFLYEfitですが、オフィスに一番近いのがBaggot Stだったので選択

年間契約は通い続ける精神力があるか不安だったので、とりあえず月契約。

フォームに名前やらいろんな情報を書き込むと、決済には使われないカード番号を求められます。

FLYEfitはその低コストのため、受付などを置かずに改札みたいなのを通ってジムに行きます。その改札を抜けるためのカードなので、黒い電磁帯があれば期限が切れてるカードでもいいそうです。

これが決済完了したあとのマイページですね。ここから期間の延長等ができます。

アイルランドジムのマイページ

そして、実際に行ってみました。
これがBaggot StのFLYEfit入口ですね!
階段をのぼって2階が入口になります。

アイルランドジムの入り口

お!これが改札ですね!
なんだか小学校のときに遊んだ公園にも似たようなものがあったきがします。

アイルランドジムの入り方

この白いところに登録したカードをスっと通すと、入ることができます。

着替える場所はこの改札を通ってさらにもう1階上です。トイレのようなこの扉が男性用の着替室です。

アイルランドジム着替え室

最初は完全にトイレだと思っていたので、迷ってしまいました。

アイルランドジム着替え室の中

中はこんな感じでロッカーがあったり、シャワーがあったりします。ドライヤーもちゃんと置いてありますね。ちなみにこのロッカー、鍵はついていないです。

アイルランドジムのシャワーアイルランドジムのドライヤー

アイルランドジム機具アイルランドジム機具2アイルランドジム機具3

みんな自分で南京錠をつけてロックしています。全部のロッカーに南京錠がついてしまったら、新しいお客さんはどうするんだろう、と思いますが、そういう細かいことは考えないのがアイルランドのいいところですね。

ここは屈強な男達が鍛えるエリアですね。まだ自分のレベルでは入ることさえ躊躇してしまいます。ただ他にもランニングマシーンや自転車マシーンも置いてあります!

日本と比べてとっても安いのでおすすめです!

まとめ

ルームシェアや寮で自炊をする方以外も、ホームステイに滞在していてもお昼ご飯は基本的にはついていません。そのためお昼ご飯は食べに行ったり買いに行ったりする必要がありますよね。そんな方も是非ご参考ください。

よくイギリスのご飯はおいしくない、と聞きますよね。
もちろん日本人の口に合わないものもありますが、僕はアイルランドに何度も行っていますが、おいしくない、という物に出会ったことはないです。むしろ全部おいしくて大好きです。特にサンドイッチやパスタ、ピザなどの小麦系はさすがヨーロッパという感じで、この価格でこんなおいしいの!?日本でも食べたい!と思うものばかりです。自炊が苦手な人はスーパーなどでサンドイッチを調達するだけで十分おいしく、節約もしながら生活できます。パスタの種類やパスタのソースの種類も多いので、あまり自炊をしたことがないという方でもパスタを茹でるだけで簡単にお家でご飯が食べれそうです。ちなみに、外食をするとじゃがいもがたくさんでてきます。これでもか、というぐらいにマッシュポテトが出てくるので、じゃがいもがお好きな方はお楽しみに。

スーパーなどで普通に食材を揃えれば、日々の費用はあまり日本と変わらないイメージです。参考にしてみてください。

ルームシェアなどの場合は、よく住んでいるみんなで買い物に行って、食材以外の洗剤などもまとめて買い、あとで等分に費用負担する、という買い方も多いです。その方がお得ですよね。

アイルランド無料留学相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考