アイルランド留学〜滞在方法(ホームステイ・フラットシェア・学生寮・一人暮らし)〜


留学やワーキングホリデーで気になることとして、「どこに住めばいいの!?」という質問がよくあります。

アイルランドの滞在方法例

いろいろありますが、アイルランドでは以下のようなものがメインとなります。

ホームステイ

留学やワーキングホリデーの王道、と言えるほど利用者が多いです。留学に行ったら一度はホームステイを体験してみたい!という方も多いのではないでしょうか?アイルランドは世界一友好的な国に選ばれるほどフレンドリーな国ですので、ホストファミリーも親切に対応してくれます。大体は、「平日朝夕2食付き、週末3食付き」という形になります。慣れない国に行って食事の心配をしなくていいというのもホームステイを選ぶメリット。現地の人の生活習慣を知れること、また常にネイティブの英語に触れられることもホームステイをするメリットです。

学生寮

社会人の方から人気が高まっているのが学生寮です。寮内では留学生と接することが多いため、必然的に英語を使う機会も増えます。また、学生寮は一般的に設備がよく、かなり広々とした部屋で、ネット環境も整っている、というところが多いです。語学学校ではなく、大学の寮の場合は学生が休暇中の空いている部屋になるので、期間は限られています。ホームステイをするとどうしてもお家のルールは守らなければなりませんし、良くも悪くもお客さんではなく家族の一員としての行動が求められます。家に帰ったときは一人で好きに過ごしたい!という方はホームステイよりも寮の方が合っているかもしれません。

フラットシェア

言い換えると「ルームシェア」です。一人暮らし「留学にはきたけど家では一人でゆっくりしたい」という人は一人暮らしを選びます。1件ずつルームシェアオーナーに連絡を取り、物件を見ながら既に住んでいる人たちとの面接もしながら決める形になります。

基本的に1年など長期で住める人を探している物件が多いため、フラットシェアで住んでいるケースは長期留学生によく見られます。

フラットというのは、アパートのことです。
え、じゃあアパートって言ってよ!と思いますよね^^;

これはアメリカ英語、イギリス英語の違いなんです。
アメリカ英語:apartment
イギリス英語:flat

つまりフラットシェアというのは上記の通りルームシェアのことです。部屋ごとには違う人が住んでいるけど、リビングやキッチン、シャワー、トイレなどは共同利用して生活する形態になります。

公共料金

これは基本的には人数で割るので、一人よりもとても安くなります。もしくはあらかじめ月いくらと決められているパターンもあります。いずれにしても、一人よりも安くなり、節約できるのがポイントです!

家賃

地域によってもことなりますが、首都であるダブリンで月500〜600€ほどが相場です。家具や食器、ベッドなど基本的なものは揃っているのですぐに生活を始めることができます。

生活時間

全員が違う生活をしているため、家を出る時間も、帰ってくる時間も自由です。ただ、あくまで共同生活ですので家のルールなどがある場合はそれに従ってください。シェアメイトとのコミュニケーションも大切です。

英語環境

4人や5人などでシェアすることも珍しくないため、様々な文化を体験でき、同じ留学生であれば、とてもいい英語の勉強になります。現地の方とシェアすることになる場合もありますし、他の国から来た方の可能性もありますが、英語で生活することには変わりありません。積極的にコミュニケーションをとっていきましょう!

保証金

日本で家を借りる時にもありますが、入居する際に保証金(bond)を求められることがあります。大体1ヶ月分の家賃と同じ額です。問題なければ、退去の際に返却されます。次に入居する人を見つけてくればその人の払った保証金が自分の手に返ってくるという場合もあるので、その場合は頑張って次に入居してくれる人を見つけましょう。

注意点

たとえば共通で使う部屋の掃除や冷蔵庫の使い方、ゴミ捨てなどはフラットごとのルールがあるので、しっかり確認して生活しましょう!

探し方

いろいろな探し方がありますが、連絡の取り方など間違えてしまうと1件も返事が来ないなんていうこともしばしば。もちろん弊社からご留学の方にはサポートさせて頂いております。

まとめ

基本的には4種類の暮らし方になります。

多いのは、「最初の1~3ヶ月はホームステイをして、その間にフラットシェアや一人暮らしの家を探す

というものです。1ヶ月もいらないかな?という方は2週間のみ、という方もいらっしゃいます。ホームステイや寮は現地で延長をすることも可能ですので、初めは短くしておくこともおすすめ。もちろんどのケースであってもサポートできますのでご連絡ください。留学、ワーキングホリデーを決めた人は、出発前からもうその貴重な経験は始まっています。家探しに時間を使いすぎて英語を話す時間がなくなってしまった、なんてことは避けましょう。かけがえのない経験にしましょう。

アイルランド無料留学相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考