第11回One projectを終えて

第11回One projectが終わりました。

今回はできるだけ多くの留学に出たいと願う人のサポートができるよう、応募者全員に対して留学特典を提供して開催されました。

少しずつ留学費支援としてOne projectの名前も浸透してきており、多くの応募者の方が今回も参加しました。初めて参加する方もいれば、過去にも受けたことがあり、今回も諦めきれず受けました!という人もいます。もちろんwelcomeです。

One projectは胸を張って夢を他人に語る場所です。海外への思いを伝える場所です。誰かに否定されそうで、応援されなそう、と普通なら考えると思います。One projectは違います。どんな夢だっていい。どんな理由だっていい。夢を持つことが素晴らしく、どんな理由でも海外に出たいと思う人は応援したい。そういう思いで面接をしています。

11thOne project

今回のOne projectは複数国になってから初の選抜者1人のみの回となりました。
どの国も必ず選抜するわけではありません。各国のOneとして選抜できる人がいた時のみ選抜をしています。つまりは、応募者が少なそうな国、を選んでもあまり意味がありません。なぜなら、Oneを選抜する際には現状の応募者との比較もそうですが、過去のOneと比較しても遜色ないOneなのか、という比較もされるからです。あなた自身がOneとしてふさわしい人である必要があります。


One projectはただの留学支援ではないです。あなたにとって留学とは、夢とは、英語とは何ですか?これらに胸を張って、素直な気持ちで答えられること。それはこれから留学を、世界を目指す全ての人に必要だと考えています。


「周りが英語を勉強してるから」「みんな留学に行ってるから」そんなことは関係ない。
あなたがどう考えるか。他人ではなく、あなた自身がどのように英語、留学を考えているか。それを聞かせてください。

第12回One projectは2019年3月ごろ開催予定です。またOne projectに挑戦したいという人は、必ず成長していてください。One projectでは複数回応募している人に対しては過去からの変化も見ています。
One projectがそのような未来を考える1つのきっかけになっていればとても嬉しく思います。

by One project team

11代目One

2019年1月1日に1名が11代目Oneに決まりました。
イギリス:小松 恭子 (39歳、会社員・イラストレーター)

第12回One projectに挑戦したい人はコチラから。