アイルランド留学〜アイルランドのケルト音楽を支える伝統楽器&ミュージシャンまとめ〜


アイルランドの伝統楽器

アイルランドを知る上で切っても切り離せないのがケルト音楽です。どこか懐かしく感じるケルト音楽はアイルランドの伝統的な楽器で今なお奏でられています。もちろんアイルランドだけでなく、世界中で愛されるケルト音楽は、ゲームのBGMとしても使われることが多く、若者からも絶大な支持を得ています。そんなアイルランド人の心であるケルト音楽を支えている楽器を見てみましょう。

アイリッシュハープ

アイリッシュハープは弦鳴楽器の一種で、グランドハープと同じ撥弦楽器です。しかしアイリッシュハープの半音階操作はレバーで行うのに対して、グランドハープは足元についているペダルで行うという全く異なった構造をしています。

また驚くことに現代でも、アイリッシュハープの音色は治療効果が大きいとの報告が多数されています。 弾けば弾くほど感性が豊かになり、心身ともに健康を保ち続けてくれる不思議な音色を持っているようです。

アイリッシュフルート

アイリッシュ・フルートは、アイルランド音楽などのケルト音楽に必要な木製のフルートです。

ティンホイッスルと同様に直接指でふさぐ指孔が6つ開いており、下から順番に開けることでニ長調の音階が得られることが特徴です。太くて大きな音が出るアイリッシュフルートはアイルランドの伝統音楽にはかかせません。

フィドル

フィドル

フィドルはバイオリンのことです。と言ってしまうと語弊があるかもしれませんがクラシックを弾いたらヴァイオリンで、民俗音楽に使えばフィドル、と言われているようです。

面白い例としては

・ 表板が光ってきれいなのがヴァイオリン
・ 松脂の粉が山のようになっているのがフィドル

・ 楽譜通りに正しく弾いても音楽にならないのがヴァイオリン
・ 楽譜を無視して弾いても音楽になるのがフィドル

・ ヴァイオリンは練習したら弾けるようになる
・ フィドルは練習しても思うほど弾けるようにならない

・ 下手なヴァイオリニストは納得される
・ 下手なフィドラーは袋叩きにされる

・ ヴァイオリニストはそっと音を出す
・ フィドラーはいきなり突拍子もない音を出す

・ ヴァイオリンの上手な人は正しい運指をマスターしている
・ フィドルが上手な人は無茶苦茶の運指で正しく弾ける

・ ヴァイオリニストは演奏会が終わってから酒を飲む
・ フィドラーは演奏前、演奏中、演奏後に酒を飲む

・ ヴァイオリニストはとりあえず向上しようとする
・ フィドラーは、酒の量に比例して向上する

・ ヴァイオリニストは自分の演奏の不出来を楽器のせいにする
・ フィドラーは楽器のせいにできるほどいい楽器を持っていない

・ ヴァイオリンの音は神経にさわり、頭痛を起こす
・ フィドルの音は癪にさわり、物を投げたくなる

・ ヴァイオリニストは楽譜がないと困る
・ フィドラーは楽譜があると困る

・ ヴァイオリニストは演奏中、自己陶酔している
・ フィドラーは演奏中、酒に酔っている

・ ヴァイオリニストは練習を欠かさない
・ フィドラーは酒を欠かさない

・ ヴァイオリニストは演奏家である
・ フィドラーは作曲家である

・ ヴァイオリニストは楽屋で今日弾く曲を練習している
・ フィドラーは楽屋でみんなと遊んでいる

・ ヴァイオリニストは車を道の真ん中で停める
・ フィドラーは他の車にぶつけてから停まる

・ ヴァイオリニストはヴァイオリンの他はよくわからない
・ フィドラーはフィドルのこともよくわからない

これを読むと、フィドルとバイオリンの違いがよくわかりますよね!

バウロン

バウロンは、アイルランド音楽に用いられるフレームドラムで、ゲール語の「bodhár(鈍い響き、耳の遠い人)」に由来しています。演奏方法ですが、バチを巧みに使って変幻自在のリズムを奏でます。

打面を横にして構え、バチで叩きます。もうひとつの手で打面の裏側を押さえ、皮を張ったり緩めたりして音に高低をつけます。また、たたく場所によっても音が変わります。ドラムもチューニングをするということと音程があるということが面白いですね。

ティンホイッスル

アイルランド発祥と言われる縦笛で、ゲール語ではファドーグと呼びます。指穴が6つしかないのですぐにドレミを覚えることができます。タイタニックのテーマを演奏したことで有名になりました。ティンホイッスルは移調楽器であり、メーカーによっては多くのキーの笛を生産していますが、アイルランド音楽において最もよく使われるのはD管です。どのような音が出ると思いますか?高くて軽やかで楽しくなるような音楽をぜひ聴いてみてください。

イリャンパイプス

口ではなく、ひじでふいごを動かし空気を送って音を出すバグパイプの一種でゲール語で「ひじのパイプ」という意味です。メロディーを奏でる管が1本、持続低音を出す管が3本、和音を出す3本の管あり空気を袋にいったん溜め込んで演奏します。イリャンパイプスを演奏するときは、ひじでシコシコと空気を送りながら手首でキーを押さえ、さらに指でチャンターの穴をふさぎ、さらにチャンターを膝(ひざ)に押さえつけて先端の穴までもふさいだり開けたりするため、右手が大忙しです。

アコーディオン

このアコーディオン、普通のものとは違うことにお気付きですか?アイリッシュアコーディオンは、鍵盤の代わりにボタンが並んでいます。

コンサーティナ

八角形のアコーディオンです。

アイリッシュアコーディオンは2列に配列されたボタンがあることにより1人で演奏しているとは思えないような何重にも聴こえる音楽を演奏することができます。街中やパブでセッションが行われているときにはぜひ耳を傾けてみてください。ケルト音楽はどこか懐かしく心地の良い音楽です。

ブズーキ

ブズーキはギリシャから持ち込まれ、独自の発展を遂げた楽器。マンドリンに似た8弦(複弦なので4音)の弦楽器で、ピックで弾くのが一般的です。豊かな音量、はじけるような高音、力強い低音!アイルランド音楽にはかかせない弦楽器の一つです。


ケルト音楽は多くの楽器の音色が折り重なり、独特の魅力を放っていることが分かって頂けたと思います。留学中にもこれらの楽器を見にする機会も沢山あると思います。もちろん留学中に楽器の演奏をしたいという方もご相談ください!

ケルト音楽の発展に寄与した偉人

日本の六歌仙といえば在原業平をはじめとして、文屋康秀、小野小町、大友黒主、僧正遍昭、喜撰法師といった名だたる人物が挙げられますね。しかしながら皆さん、現代アイルランド音楽を発展させた6名のレジェンドはご存知でしょうか?これからご紹介する人物は皆世界的にも注目を浴びるアーティストです。音楽好きの方にとっては知られた方々ですが、音楽にあまり詳しくない方も知っておいて損はありません!アイルランドに行く前に要チェックです!!

Michael Coleman

Michael Coleman(1891~1945)はスライゴ出身のグラスコー・スタイルという演奏方法を広げたバイオリンの名手です。ケルト音楽の際はバイオリンのことをフィドルと呼びます。

The Tarbolton reel / The Longford Collector / The Sailor’s Bonnet

Sean O Riada

Sean O Riada(1931~1972)は、コーク出身のケルト音楽を継承していくために尽力した音楽家として広く知られています。キュールトリ・クーランというバンドを結成し、ケルト音楽を現代の人々に広めていきました。今でも、アイルランドにケルト音楽が広がっているのは彼の功績が大きいです。

Mairseal Ri Laoise

Joe Heaney

Joe Heaney(1919~1984)はゴールウェイ出身のボーカリストです。伴奏なしで歌うアイルランドの代表的な歌手として愛されています。彼のようにアイルランドの古歌を歌うことをシャー・ノスと言います。(ケルト語で「古い様式」)

The Rocks of Bawn

Dónal Lunny

Dónal Lunny(1947~)はレンスター地方のオファリー州出身の日本を愛するアイルランドアーティストです。奥さんが日本人で、沖縄とアイルランドを行ったり来たりする生活を送っています。様々なバンドで活躍し、バンドやテレビ番組のプロデューサーとしても大活躍しています。オムニバズアルバム「Common Ground」はケルト音楽の入門アルバムとしてお勧めできる作品です。

Bouzouki solo 1979

Andy Irvine

20151019-051729

Andy Irvine(1942~)はロンドン出身のアイルランド人です。青年時代の若い時期に東欧を旅行し、バルカン音楽やロマ音楽に触れたことでケルト音楽に没頭し、その後のケルト音楽に新たな風を生み出した人物です。 

The Lakes of Pontchartrain

Luka Bloom

ab

本名はバリー・ムーア(1955~)。ダブリン出身の彼はフォークソンガーのクリスティ・ムーアの弟で、どちらもアーティストであるために周りから兄と間違えられることが多く、それ故に名前を変えたと言われています。ちなみに芸名のルカはスザンヌ・ヴェガのヒット曲「Luka」からきています。1987年にアメリカに移住し、ワーナーと契約。今でも曲を出し続けている著名なアーティストです。

You Couldn’t Have Come At A Better Time

ケルト音楽ミュージシャン

Bill Whelan

20151102-065631

1950年生まれのリメリック出身のミュージシャン。音楽歴の長い作曲家であるとともに、様々なアーティストの楽曲の提供にだけにとどまらずキーボードとして参加をしたりしています。

Riverdance

Ronan Hardiman

20151102-065048

1961年生まれ、ダブリン出身。作曲家として数多くのBGMを手がけています。番組はもちろんのこと舞台や映画、フィギュアスケートにまで及びます。

Lord of the Dance

Billy Treacy

20151101-082320

ダブリンの有名なパブをホームにするシンガーソングライター。90年代にアメリカに移住した頃から演奏活動を始め、その後2000年代に入ってアイルランド戻ってからも活動を続けています。トラッド・フォークを伝承しつつも独自のソングライティングを通してコンテンポラリーへ持っていくスタイルをとります。

Temple Bar

Triona Marshall

20151101-081659

ハープ演奏者。数々の受賞を経験しているアイルランドを牽引する演奏者の一人です。バンドにも参加しておりマルチに活躍中。

harp

Cara Dillon

20151101-074817

2001年ソロデビュー。ケルト、ロック、フォークのジャンルをまたぐアイルランドの新星歌姫としてファンを魅了しています。

The Streets of Derry

Lúnasa

20151101-073557

「収穫祭」という意味の名前のバンド。元々実績のあるミュージシャンが結集したバンド。人気・実力ともにNo.1で、「スーパーバンド」と評されています。

Lúnasa at Celtic Connections 2007

The Pogues

thepogues

1984年に活動を開始したロンドン出身のバンド。一代でアイリッシュパンクという一ジャンルを築き上げたシェイン・マガウアン。非常に飲兵衛らしく、お酒を飲んでる写真がたくさん撮られているとても印象的なアーティストです。そんな彼を支える愉快な仲間たちからなるバンド。解散など様々な問題を多く抱えて、紆余曲折を経て、現在も確固たる人気を誇っていて、パンクロックにケルト音楽という偉業を成し遂げたました。

Fairytale Of New York

Nightnoise

nightnoise2

ボシー・バンド所属だったミホール・オ・ドーナルがアメリカで結成したグループ。96年以降はアイルランドを拠点にしながら音楽活動をメインに行っています。遊佐未森さんのアルバムに参加したこともある日本との関わりをもつ数少ないアイルランドのアーティストです。

Night in That Land

Davy Spillane

20151029-063727

元Moovingheartsのメンバー。イリアン・パイプスの第一人者でもあります。NHK大河ドラマ「葵徳川三代」のサントラにも参加するなどの実績があります。

Caoineadh Cu Chulainn Uilleann Pipes

Mary Coughlan

20151029-063341

ゴールウェイ出身(1956年〜)。彼女は訳ありのアーティストです。若い頃から酒とドラッグに浸ってしまい精神病院に入退院を繰り返す過去を持ちます。そして、恋愛においても苦労が重なり二十代でシングルマザー。実家に引きこもる生活が続いていた中、時々、バーで歌っていたところをスカウトされ今に至ります。

I’d Rather Go Blind

Van Morrison and The Chieftains

20151029-062409Billy Trea

The Chieftainsがアイルランドロック界の超大物ヴァン・モリソンと組んで実現しました。世界中でヒットし、停滞気味だったトラディショナルバンドが息を吹き返すきっかけになった記念すべき作品です。

Star Of The County Down

Altan

altan

ドニゴール出身。夫婦中心のトラディショナルバンド。92年、フランキーが急逝した後も、メンバーを入れ替えて活動を継続しているアイルランドで最も人気の高いトラディショナルバンドの一つです。

John Doherty’s Reels

Dervish

dervish2

スライゴー出身。キャシー・ジョーダンの魅力的なボーカルが人気。実力派ミュージシャンからなるバンドです。

Red haired Mary

The Saw Doctors

thesawdoctors

様々な分野のバンド出身者が集まって結成されました。ポーグスと同じくロック寄りの音楽を生み出す、日本での知名度は低いですがアイルランドではIREチャート、トップ10の常連で絶大な人気を誇るグループです。アメリカやUKでもカルト的人気を博しています。「アイリッシュパンクのグレイトフル・デッド」と称されることも。

Never Mind The Strangers

Anuna

anuna

ダブリン出身。「中世のアイルランドの音楽を現代に蘇らせる」というコンセプトを掲げるアイルランドのアーティストグループ。ダブリンの作曲家マイケル・マクグリンのもと結成されました。メンバーは流動的に入れ替わる男女混声の合唱団。リバーダンスブームの際に、そのツアーに参加して知名度を高め、現在では音楽チャートでは10常連となっています。

Jerusalem

Kila

kila

ダブリン出身。7人のメンバーで構成される民族バンド。アフロ、ファンク、プログレなどあらゆる音楽要素そしてケルトミュージックを融合させたルナサとともに時代を牽引するトラディショナルバンドです。”ケルトに最も遠いケルトグループ”と呼ばれています。

Seo Mo Leaba

Sharon Shannon

sharon2

コロフィン出身。1stアルバム「シャロン・シャノン」がトラディショナルアルバムとしてアイルランド史上最高売上を記録、また08年にはシングル「Golway Girl」が史上最高ダウンロードを記録しました。名実ともにNO.1のアコーディオン奏者と言える彼女は、アイルランドで国民的英雄としてファンを魅了し続けている。

Cavan Potholes

Frances Black

black2

ダブリン出身。メアリー・ブラックの妹であり、人気を誇るアーティスト。94年1stシングル「Talk to Me」をリリースとともに、アイルランドで10万枚を超えるヒットとなり一躍有名になりました。

All the Lies That You Told Me

De Dannan

bb

ゴールウェイ出身。トラディショナルバンド。彼らがデビューした当時から現在まで続いているトラディショナルバンドは珍しい中で人気を誇っています。

De Danann live At The Embankment 1976

Tir Na Nog

aa

ダブリン出身。ケルトの神話の妖精や神様が住む場所の名前を戴いたフォークデュオ。どことなくサイモン&ガーファンクルや日本の四畳半フォークバンドに雰囲気が似ているような気がしますね。

Time Is Like a Promise (Doing Their Thing, 1970)

The Clancy Brothers

20151019-053418

ニューヨーク出身。アイルランド系アメリカ人4人組で結成されているバンドです。アメリカで人気を博し、アイルランドでも凱旋公演をするなど、大きな影響を与えたグループ。

The Nightingale & Johnson’s Motor Car

The Dubliners

ダブリン出身。アイルランドの国宝的な存在のグループ。ケルトを知るにあたって彼らを抜きに考えることはできません。

The Irish Rover

The Chieftains

20151019-052648

ダブリン出身。アイルランドの国宝とも言われる、ケルト音楽の代名詞的な存在。コラボをしたアーティストは数知れず、ポップからロックまで。ケルト音楽を若い世代まで広げ続けるグループです。

The Long Black Veil

Paul Brady
20151019-051224

北アイルランド、ストラベーン出身。アイルランドの音楽史上で最高のシンガーソングライターとして称されている人物です。数多くのアーティストが彼の作品をカバーしていて様々な有名アーティストともコラボしており、エリッククラプトンとも作品を生み出しています。

Nothing But The Same Old Story

アイルランド無料留学相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考