アイルランド留学のための英文残高証明書について

英文の残高証明とは(Deposit Balance Statement)とは、日本の銀行に口座の残高を英語で証明してもらう1枚の紙になります。
Ireland_bankaccount

どんな人が必要?

3ヶ月以上アイルランドに滞在予定の人は必要になります。「中長期で滞在できる余裕がありますよ。」ということを示す必要があります。

どんな時に必要?

入国時の空港や現地でのビザ手続き(外国人登録)の際に必要になります。

どれくらいの額が必要?

基本的に1ヶ月500€分が用意されていれば大丈夫です。6ヶ月以上の方は3000€以上となります。
また、出発1ヵ月以内に発行したものが必要となります。たまに金額推移を求められることもあるので、念のため残高証明書の通帳は持っていくようにしましょう。

外国人登録の時にも使える?

原則として使用することができなかったのですが、アイルランドビザ制度が変更となり、日本の銀行口座の残高証明書でも可能となりました。

英文残高証明については以上です。しっかり準備してスムーズに手続きを進めましょう。

英文残高証明書手配が不安な方

留学DRIVEの留学カウンセラーにお問い合わせください。弊社から留学に行かれる方については残高証明書など各種書類確認のサポートも無料で対応しております。
万が一、入国してから正しい書類が用意できていないと、現地でのビザ手続きが進まず帰国となってしまいますので、十分注意をしてください。

アイルランド無料留学相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考