アイルランド留学〜違う国籍の人と友達になるコツ〜


Hi Fujiです

アイルランドには世界中から留学生が集まっているので、学校でもルームシェアでもいろんな国籍の人がいます。

アイルランドにはアジア人はほとんどいないため、日本人の方はとりわけ強く感じると思います。

なのでいろんな国籍の人と仲良くなる必要があります。もちろん英語が話せれば問題ないですが、初期の頃はなかなか英語がうまく使えず友達作りに苦労すると思います。

そんなとき、必殺の仲良く慣れるコツを伝授いたします!!

留学初期にいろんな国籍の人と仲良くなるコツ

アイルランド人の友達

これはですね、一言で言ってしまうと「相手の国の言語を教えてもらう」ということです!

たとえばドイツ人相手なら「How do you say ”Hello” in German?」”こんにちは”はドイツ語で何ていうの?となります。

めちゃめちゃ簡単です。そしてめちゃめちゃ仲良くなれます。

なぜかと言うと、相手にとっては母国語ですらすら話せるので、英語と違って気分よく話してくれるんです。

頼られるのがきらいな人はあまりいません。それが得意なことならなおさらです。

こんにちは、ありがとう、さようなら、など基本的なことを教えてもらってそれを次会う時とかに使ってみてください。

普通に英語でHelloというより、ポルトガル語で「Ola!」と言ってあげたほうが100倍仲良くなれます。そんなことをしていると今度は向こうからこれは日本語で何ていうの?と聞いてきます。

仲良くなってしまえば、基本的にはもちろん英語のコミュニケーションなので、英語使用頻度も増えて習得スピードも一気に上がります。

仲良くなる最初のステップを英語にするか、相手の言語にするか、それだけで相手との距離感はぐっと変わってきます。英語を使うことがグローバルではないです。人によって違いますが、あなたが大切にするグローバルの定義は何ですか?僕のグローバルの定義は「地球のことを考える」ことです。まだまだ自分の周りのことしか考えられてないので、あかんです。もっと遠く離れた国のことも、自分のことのように考えられるようになりたい。もっともっと知りたい。

英語を話すことがゴールなら日本の英会話スクールに行って完了してしまいます。その先、何を目指しますか?あなたのグローバルは何ですか?

see you soon

アイルランド無料留学相談フォーム

名前

メールアドレス

電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考