【アイルランド留学まとめ】アイルランドに毎年行っているアイルランド大好きスタッフがまとめました!!


私も、他のスタッフも弊社では何度もアイルランドに行き、学校視察はもちろんですが、アイルランドを実際に肌で感じ、留学に悩んでいる方に伝えられるようにしています。

そんなアイルランド大好きスタッフがアイルランドについてまとめてみました!!

ヨーロッパへの留学ではアイルランド、イギリス、マルタが主要な英語留学国となりますが、やはり悩まれる方は非常に多いです。私はアイルランド大好きですが、イギリス、マルタにも行っていますのでその点の比較もいれながらアイルランド留学、イギリス留学、マルタ留学に悩んでいる方に少しでもお役に立てるよう項目ごとにまとめていきたいと思います!

留学費用について

アイルランド留学費用

やはりお問い合わせ頂く際に一番聞かれる点が費用についてです。
もちろん滞在方法や語学学校、コースによっても異なるため絶対的なことは言えませんが一般的にまとめさせて頂きます。

語学学校含め、留学費用総額は、結論からお伝えするとイギリスが一番高くなることが多いです。物価、滞在費も高くなりがちです。イギリスは他の留学国と比べても留学費用高いランキングでアメリカと1,2位を争う国です。

それでは費用を抑えられる安い国はどこかというと、アイルランドになることが多いはずです。アイルランドは留学国の中で留学費用を抑えられる国として知られています。語学学校費が低いだけでなく、物価も他のヨーロッパ諸国と比べても高いということはないため過ごしやすいです。

マルタはというと時期によって異なってきます。マルタはヨーロッパのリゾート地、夏のベストシーズンが国としても稼ぎ時になりますので、夏の費用は語学学校も高くなっています。学校によっては冬と比べると1.5〜2倍ほど変わってくるところもありますので、夏の時期に行くと留学費用は高くなってきます。ただ、マルタはベストシーズンが夏ですので、やはり夏に行けるのが一番楽しむことができると思います。

国民性について

アイルランド国民性

アイルランド人は非常にフレンドリーです。そして世話焼きです。
そのため日常ではよく話しかけてくれます。日本人はシャイな方が多いと思いますが、向こうから話しかけてくれるのでこの点は英語に慣れるために非常にうれしいですね。そのためホームステイでの生活は英語の練習だけでなく、楽しむことができるはずです。

イギリスはというとクールな人が多い印象です。それをかっこいいと思う方も多いため、それ自体は問題ないですが、なかなか英語初心者には厳しい国でもあります。

マルタはその陽気な国のイメージから想像できるようにおおらかな人が多くなっていますが、ホームステイの評判はあまり良くありません。ビジネスとしてのホームステイというイメージが強く、あまりおすすめはされていないためマルタ留学の方の場合は寮滞在が一般的となっています。

国籍比率について

アイルランド国籍

これはもうアイルランドの一番の強み、魅力と言っても過言ではないですが、日本人、アジア人比率が非常に低い国です。そのため母国語を忘れて英語に集中することができます。
アイルランドは基本的にはヨーロッパ、イタリア、スイス、スペイン、などなどの留学国となりますので、学校以外の日常生活で日本語を使うシーンはほぼ0のはずです。

イギリスは移民が多くなりすぎてしまったことが一因となりBREXIT(EU離脱)となりましたので、アジア人含め多くの国籍の方が生活しています。イギリス文化が大好きという日本人の方も少なくないため日本人を避けるのは難しいです。

マルタもアイルランドと似ておりヨーロッパの留学生がメインの国になります。ただ、最近は日本のテレビでマルタ特集が組まれることが多くなり、注目を浴びており日本人は多くなってきています。

観光/旅行について

アイルランド観光

アイルランドの一番の弱点と言ってもいいと思うのが観光です。アイルランドは大きな国ではないので観光地があまり多くありません。また、自然が広がっている気持ちのいい国なので、観光地も自然派なことが多いです。たとえばとても大きな崖だったり、島だったり、大自然の中の遺跡だったり。
じゃあアイルランドに長期で留学する人は観光しないのかというともちろんそういう訳ではありません。アイルランド長期留学の方はその多くがヨーロッパ各国を旅行されます。

ヨーロッパ最大のLCC(格安航空会社)のRyan airはアイルランドの会社なんです。アイルランドからヨーロッパ各国に行くのは非常に安いですし、近いので大きな休みを取る必要なく、土日で各国旅行することができます。ヨーロッパ全ての国を制覇することも全然できてしまいます。

イギリスですが、イギリス文化が非常に発展していますのでイギリス国内の魅力がとても強いです。英語よりもイギリス文化を求めてイギリスに行かれる方も多いです。
ただ、イギリスから他のヨーロッパ各国への旅行は少し行きづらいかもしれません。それは通貨の問題です。イギリスはポンド、他のヨーロッパ各国はほとんどユーロなので、旅行の際にいちいち両替しなければならなくなったり、どちらかの小銭が貯まってしまったり、という不便さがあります。

マルタはとても小さい島国ですので空港がそこまで大きくありません。そのため各国へ行くためのフライトが本数多く飛んでいないため取りにくいということと、トランジットをしなければならないことが多いです。また、マルタはシェンゲン協定というものに属する国となっているため他の国々に観光は非常に行きづらくなっています。シェンゲン協定というのは、簡単に言うと、その定められている国の中で90日以上滞在してはいけない、という協定です。つまり3ヶ月マルタに滞在したあとは他の国に行けなくなってしまうということです。アイルランド留学を考えられている方は、アイルランドはシェンゲン協定に属していないため気にする必要はありません。

食事について

アイルランド食事

 

アイルランドの食事は煮込み系が多いです。シチューなどですね。私は何度もアイルランドに行っていますが、おいしくない食べ物に出会ったことはまだ一度もありません。ヨーロッパなので特にパン系は日本と全然違いおいしいです。サンドイッチなどですね。大好きです。
また、パブ発祥の国でもあるので、パブで生演奏を聞きながら週末、一日の終りを過ごすなんてことも少なくないです。

イギリスはよく言われている通りあまりおいしくはないですね。あまり味がしないことが多いですね。机の上にある塩をかけながら食べることは多いです。そのため基本塩味ですね。そのため、私はイギリスに行くときはよく中華に入ってしまいます。

マルタはリゾート地だけあってまったく問題なくおいしいです。ただ、リゾート地なので比較的外食の費用が高めです。ファンシーなレストランが多いのでその点は気をつけてください。

国の雰囲気について

アイルランド雰囲気

アイルランドは自然が非常に豊富、それだけでなく、ちゃんとシティー、中心部は栄えているので日本と比べても暮らしが不便ということはほとんど感じないはずです。少し中心部から出ればすぐに大自然が待っている気持ちのいい国です。
ただ、イギリスと同様に曇りの気候が多い国となっているためその点は少し残念ですね。晴れた日はみんな外に出て、太陽を感じて過ごしています。

イギリスはクールですね。人、街、国、すべてがクールでかっこいいです。英語がある程度話せる人は楽しめると思いますが、初心者に優しい国ではないため覚悟をして行かなければなりません。

マルタは「リゾート」と聞いていま想像できるイメージとほぼ変わらないはずです。街の中心から5分も歩けばきれいな海が広がっています。車と同じくらいマルタに住んでいる方は船やヨットを持っています。夏には服も脱がずにそのまま海に飛び込んで楽しんでいる人も多いです。非常に天気のいい国なので、海から出ればすぐに乾いてしまうんです。

まとめ

どうでしょう!アイルランド、イギリス、マルタ、それぞれにいいところがありますが、私はやっぱりアイルランドが好きですねー。日本人がいないので、何でしょう、周りを気にせず素の自分のままで過ごすことができますし、英語に集中することもできます。

少しでもアイルランドが気になったら専任のカウンセラーがご対応するので気軽にお問い合わせくださいね。

無料留学相談
六本木オフィスでの直接カウンセリングも可能です。

名前

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

電話番号

生年月日

住所

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

備考